「裏技」カテゴリーアーカイブ

隠れたツールボックスで花子の作業効率アップ

普段はあまり意識しないものだが、ツールボックス(ほかのアプリケーションでは「ツールバー」と呼ぶ)は、けっこう重要なものだ。

というのも、花子はWindowsアプリケーションである故に、キーボードでコマンドを呼び出したりすることはかなりできるのだが、思う以上にツールボックス上のアイコンを押したりする。特に「描画」ツールボックスのコマンドは、キーボードショートカットをちゃんと覚えていなければ、マウス(またはペン)でクリックして操作ことが多い。

toolbox-hyouji-settei花子の初期状態では、70個ほどのアイコンがずらりと画面に並ぶが、そのほとんどは自由に好みに合わせて削除したり移動したりすることができる。しかしもっと便利の良いことに、ふだん隠れているツールボックスを呼び出して、いつもメニューやクリップウィンドウの操作の代わりに素早くワン・クリックでできるものがある。

描画ツールボックスの空いたところに右クリックをして「表示切替」を選ぶと、右にあるような画面が表示される。

この画面で表示できるツールボックスの種類は、なんと25種類だ。(かなりマニアックの世界とも言える。)ご参考までに、花子2009と比べてVisio 2003は17種類のツールバーが表示できる。また、CorelDraw Essentials 4は、8種類から選べる。

花子のツールボックスの一覧はヘルプコンテンツの「ツールボックス一覧」に含まれているが、ここで特に便利そうなものを紹介したい。

 

ツールボックスのベスト3(?)

(1)位置合せツールボックス

ichiawase-toolbox

確かにクリップウィンドウの「編集―変形―配置」パレットには、これらの図形の位置関係のツールがある。しかし、クリップウィンドウを表示したくないときや、手短なところにツールを置きたい場合は、このツールボックスを重宝する。

またこのツールボックスの特に便利なアイコンは、右から7つめの「位置合せ詳細」(ichiawase-shousai-btn)のボタンだ。キーボードからだとALT+D, P, Pという かなり覚えにくいコマンドなので、ボタン1つで呼び出せるのは便利。

(2)文字飾りツールボックス

toolbox-moji-kazari

このツールボックスの機能の半分くらいは確かにクリップウィンドウの「カラー」パレットには含まれているが、いくつかこのツールボックスにしかない機能もある。例えば「字形解除」(jikei-kaijo-btn) のボタンは、選択した文字例の反転設定を解除することができるから、場合によってはかゆいところに手が届くような。

(3)基本図形ツールボックス

kihon-zukei

これは花子で当たり前すぎるツールボックスだが、実は花子の操作上のクセでこのツールボックスが勝手によく非表示になったりする。例えば、描画ツールボックスを使用して「基本図形」から「ブロック矢印」または「吹き出し図形」に切り替えたときに、都合の悪いことに「基本図形」が消えてしまう。上記の方法で常に表示しておけば、必要なときに使えるので少しは作業が楽になるときもあるだろう。

花子のツールボックスやアイコンはほとんど無数の組み合わせで自由に組み替えられるので、自分の作業フローとスタイルに合わせてカスタマイズして損はないだろう。

ペンツールと「交点で塗りつぶす」でLive Paintの効果を

写真などをなぞってイラストを作成するには、花子はすでに「プレーン」(レイヤー)をロックしてその上に軌跡を描いたり、また花子フォトレタッチで「トーンカーブ調整」で元写真をなぞりやすくするために全体のバランスを変えたりすることができる。手間がかかることも多いは、少し頭を捻れば何とかできる。

layer-lock-trace-example 元写真とトレースの結果を別々のプレーンにした作業例

hpt-tone-curve-example 花子フォトレタッチの「トーンカーブ調整」コマンドで写真の全体の色合いを白くした例

しかし、いったんなぞったものを花子で色塗りするには、必ずしもうまくいくとは限らない。

<課題①>線と線が交差せず、図形として認識されない

line-doesnt-touch 花子だけでなく、他のベクトル系ドローソフトは原則的に塗りつぶしできる図形として、切れ目のないひと続きのパス(線分)のみに限るのだ。つまり、どこかでパスが切れていたりすると、一つの図形として見なされなくなり、塗りつぶしできない。

左図のように、パスは閉じていないが、それがために塗りつぶしできないというわけではない。むしろこういった場合、線と線(パスとパス)が全く別だという問題があり、一続きの図形として認識されないので、塗りつぶしできないという課題がある。

Illustrator CS2以上の場合、ライブペイント(Live Paint)機能でこのような時でも、ギャップ(隙間)を無視して指定の領域を塗りつぶすことができる。しかし、花子を使っている時に、どうすれば良いのだろう。その答えは、下図のように、(1)線分の端点を最寄りの線分に重ねてから、(2)「図形―交点として塗りつぶす」というコマンドで対応するのだ。

参考「交点で塗りつぶす」の使用例は、この記事で説明している。

<課題②>「交点で塗りつぶす」でエラーが起きる

「図形」メニューの「交点で塗りつぶす」をクリックして図形の輪郭を指定し、最後にダブルクリックして指定の領域が図形化される。・・・これは、あくまで理想の動作だ。実は、この機能は花子12の時代から搭載されており、一向に改良されていないので、制限が多い。例えば、このエラー。

koutendenuritsubushi-error「図形データが大きすぎます」と出るが、これは花子の制限によるエラーだ。

この不可解なエラーを理解するために、正常動作の例を挙げよう。 二つの長方形を描いて(注:必ず塗り設定を「なし」にしておくこと)、交差する領域の輪郭を数回のクリックで指定して、最後にダブルクリック。また、一番最後に塗り設定をすれば、下記のような結果になる。

koutendenuritsubushi 

真ん中の青い領域が図形化された。これは、正常動作だ。

しかし、図形の頂点が多い、あるいは図形が複雑すぎると、花子はエラーを出してしまうようだ。例えば、右図のようなものでエラーが出る。

the-cat-red-blue青色の線で囲まれている領域を、図形として塗りつぶしたいが、エラーが出るので、実行できない。いったい、どうすれば・・・?

幸いなことに、花子2009から「図形加工」機能が加えられたので、少し手助けになりそうだ。

青色の線と、赤色の線を両方選択し、「図形加工」の「分割」を実行。そして、右クリックして「グループグループ解除」をする。

the-cat-headspot結果として、ほら!猫の額が塗りつぶされた。

結論として、 花子の「交点で塗りつぶす」機能は、頂点の少ない図形であれば、ライブペイントみたいなツールとして使える。しかし、上記のような、少しでも複雑な図形は、花子2009の図形加工機能を使ったほうが、賢明。

Word 2007から花子へのコピペのトラブルを解消

文字をコピーして、別のウィンドウにペーストするときに、貼り付けたものはやはり、文字であってほしい。・・・というのは、僕だけなのだろうか。

花子の特徴的なところがあるとすれば、Word/PowerPoint/Excel 2007からそのまま、文字列をコピーして花子の図面にペーストするときに、その貼り付けたものはテキストではなく、図としてペーストされてしまうというところだ。

さて、少し一歩引いて状況を考えてみよう。

まずInternet Explorerなどのブラウザーを開いて、ウィキペディアなどのサイトから文字をコピーして花子に貼り付けたときに、どうなるだろう。

paste-text-ie2hanako2009

花子に貼り付けたときに、文字入力ウィンドウにペーストするか、図面にペーストすると二者択一だが、どちらでも上図のとおり、文字データがペーストされる結果になる。

さあ、ワード2007でテキストをコピーして花子2009の図面に貼り付けたときに、どうなるのだろう?

 paste-text-word2hanako2009

ぱっと見て、「いけてるじゃん」と思える。しかし、ここからがポイントだ。そのペーストした文字らしきものをクリックしたときに、まず、文字入力のカーソルは現れない。そして、ダブルクリックして文字列を編集しようとすると・・・。

mojiwaku-word-ole-hanako2009

これは一体、どういうことだろう?花子の図面が見えるが、画面の上半分はWordのリボン(ナビゲーション)が表示されている。

こんな状態になって間違いをしたかと思うかもしれないが、まずご安心(?)を。これは、Word 2007の文字列が、OLEオブジェクトとして花子の図面にペーストされた証拠なのだ。つまり、ワード・ドキュメントのカケラみたいなものが、花子の図面に埋め込まれた、ということだ。

では、こんな状態でいいんだろうか?と思うのは自然な考えであり、また賢明な考えだ。もし、その貼り付けた文字列をこれからあまりいじくる必要がなければ、このままでもおおむね問題はない。しかし、普通は文字枠の大きさを調整したり、フォントサイズを変えたりしたい。なので、本当は、花子の文字枠形式に、文字をペーストする必要がある。

Word 2007のテキストデータを花子に文字枠としてペーストする 方法①

この方法は、花子2009以上で使用できる。

  1. Wordで文字列を選択してコピーした後、花子2009に切り替える。
  2. 花子の「編集―テキスト形式で貼り付け―文字枠スタイルを反映」にクリック。

すると、花子でも編集できる文字枠が作成される。

Word 2007のテキストデータを花子に文字枠としてペーストする 方法②

この方法は、少なくても花子13(2003年バージョン)から使用できる。

  1. Wordで文字列を選択してコピーした後、花子2009に切り替える。
  2. 花子の「編集―形式を選択して貼り付け」をクリック。
  3. ダイアログボックスに「テキスト」「Unicodeテキスト」などの文字形式クリックして、OKを押す。

このあたりの操作性の不便さは、どうもマイクロソフトOffice 2007のクリップボード操作の独自仕様によるらしい。

<ヒント!>

もしWord 2007から花子の図面にコピペすることが多くて、上記の手順が手間であれば、キーボードショートカットが SHIFT + CTRL + V 。これでWordの文字を一発でテキスト形式に変換できるので、便利だ。(参考までに、花子の「ツール―割付―キー」のメニューでお好みのショートカットも登録できる。)

花子で文字入力をより快適にするためには?(その1)

自分でもよく忘れがちなこと。

花子での文字入力がうまくいかず、自分の思い通りの文字スタイルを何回も設定し直して煩わしい、というトラブルを経験したことはあるのだろうか。

これの即効薬は、花子の「文字枠スタイル」にある。

手順として、花子の文字入力をする前に、図面の空いたところにクリックして、文字メニューの「文字枠スタイル」を選択しよう。下記のイメージのように、必ずダイアログのタイトルバーに(入力)という文字が表示されていることを確認する。(これは肝心。)

mojiwaku-style-nyuuryoku

標準として使いたい文字スタイルを設定して、OKをクリック。

すると、これから入力する文字枠は、この文字枠スタイルを反映されることになる。

「わざわざ、文字枠スタイルをいちいち開いて設定しなくてもいいの?」と思ったら、図面で何も選択していない状態で、カラーパレットの文字属性(色、フォントサイズやフォント名など)を変更しても、これから入力する文字は、この設定が反映される。

mojiwaku-style-ni-settei もし、入力した文字スタイルをベースに、これから入力する文字のスタイルを決めたいときに、文字枠スタイルの元になる文字枠を選択して、カラーパレットにある「文字枠スタイルに設定」ボタンをクリックすれば、これから入力する文字枠は、このスタイルを反映する形になる。

花子の文字入力機能でわかりにくいところはこれ以外にもあるのだが、まずは上記のことを覚えておけば、文字枠のスタイルが思わぬものにならないようなことは防げるだろう。

花子データをVisioへ移行

「花子データからMicrosoft Office Visio 2007への移行」表紙こんな白書、マイクロソフトが出しているなんて、知らなかった。

両方のプラットフォームで図面を共有しなければならない方や、Visio特有の機能(例:ガントチャート)で花子の図面データを有効活用したい方には、よいかもしれない。

特に、花子の DXFデータやWMF形式で保存されたデータを Visioで使いたいときに、参考になるかも。

(そもそも、Visioでできて花子でできないことは、それほどないのだが・・・。いますぐ思い浮かぶものは、曲線コネクタくらいだろうか)

http://download.microsoft.com/download/F/A/8/FA893ABA-1265-4C18-A882-241DFC3A2A4D/HANAKOmigration.pdf

花子の「文字入力」で迷ったときに・・・。

 

花子2009から文字入力機能が以前の花子バージョンと比べて使い勝手が向上された。しかし、他のドローソフトと比べて、余計に複雑な点と、設定をいじらないで使い物にならない点があって、出だしから諦めてしまう人は少なくないはずだ。

 

Hamataroublogpage
そこで、「快適パソコンライフ−ごった煮」の浜太郎さんが、文字入力について丁寧かつとても分かりやすい解説「初めての花子 (1)」を書いてくださった。

 

花子のオンラインヘルプにもアドバイスとヒントはあるが、ステップ・バイ・ステップの解説は助かるよね。

 

ぜひとも、花子を初めて使って訳が分からない方には、おすすめしたいので一読有れ。

 

 

花子でインデント付き箇条書き その2

このシリーズの「花子2007でインデント付き箇条書き その1」からずいぶんと間が開いてしまったのだが、その当時よりさらに手軽な方法が見つかったので、ここで紹介したい。

花子2007から使えるワザなので、バージョンを確認した上でお試しを。

手順

  1. 箇条書きの頭に使う記号(●、■など)を花子の図面に描く。
    文字でもよいし、作図パレットやコンテンツから持ってきてもよいだろう。 
  2. 上記1で描いた図形を選択したままで、入力ウィンドウに一行目の文字を打つ。 図形と文字の位置はお互いに合わないかもしれないが、次のステップで補正する。bulleted-text-step-2
  3. 文字枠にダブルクリックして、文字枠(細かい点線)が見える状態にする。
    bulleted-text-step-3
  4. 文字枠だけを、図形から切り離すように右方向へドラッグしてドロップ。
    bulleted-text-step-4 
    かなりいいふうになったのではないか。

 

bulleted-text-last-copyingここまでできたら、文字入力ウィンドウで項目をクリックして、CTRL キーを押しながら下へドラッグすれば(花子2008/2009のみ)、 右記のように箇条書きが簡単にできる。あとは、文字入力ウィンドウで項目を上書きすればできあがり。

この方法の利点は、

①箇条書きの行を移動しても、文字枠は図形にちゃんとひっついてくるので、レイアウト調整の手間が省ける

インデント設定をしなくても済む

 bulleted-text-result

花子フォトレタッチを極めよう-その1

花子フォトレタッチというソフトは、かなり昔からあるソフトだが、花子2009にも現役だ。おまけ的な存在という見方もあるけれど、むしろ、花子自体の機能を補うためのツールとして、花子のユーティリティとしての位置づけがある。

では、花子フォトレタッチで何が出来るか?との疑問に対して、ダラダラと説明するのを止めて、まず実例を挙げよう。

まずは、この写真だ。オリーブオイルの瓶を三つ並べて撮ったものだけど、欠点がある。つまり、全体的に暗い。また、左右に余白がありすぎるのでは?と思う。

 

最初に「画像」メニューの「写真調整」で簡単に明るさとコントラストを修正してみよう。先に明るさを+30くらいにした場合は右記のとおりになる。全体的に色褪せの感じになったのがわかる。

 

次に、同じ「写真調整」コマンドでコントラストを+30にしよう。色がはっきりしてきたのがわかる。

 

これでひととおり、写真の色合いをなんとかしていい風に調整できたが、もう一工夫を施そう。エッジをぼかしてみることで、メリハリのある写真にしてみる。

写真を全部選択して(CTRL+A)、図のように「選択範囲」のパレットが表示される。

左下から二番目の「透明」のアイコンをクリックして、下記のとおり設定してみよう。

まあまあの出来映えだな。

Photoshop ElementsでもPaintGraphicでも、GIMPでもここまではできる。が、花子フォトレタッチは思ったよりもかなりシンプルで、あまり手間かからないでできてしまうのはプラス点だと思う。(しかも、メチャ速く起動できるのは花子フォイレタッチのもう一つの強みともいえる・・・)

花子フォトレタッチのソフト自体は数年もバージョンアップされていないのは残念なことだけど、このブログで説明したように、かんたんな写真の色調整やエッジのぼかし効果は問題ナシ。

花子の「ブラウザ」パネルを使ってWeb生活をもっと快適に

ここまで使いこなしている(あるいは気づいている)方が少ないかもしれないが、花子で作業をしながら、花子の画面からブラウザに切り替えることなく、実は同時にブラウザでコンテンツをチェックしたり素材を集めたり、またウェブページ用に作成した画像を確認したりすることが、とても簡単にできる。

これは花子2009だけに限る話ではなく、少なくても花子2005から可能なことなので、決して新しいネタではない。しかし、あまりにも世の中では話題されていないのは不思議で、紹介したくなる。

■花子の「ブラウザ」パネルって、どこが便利なの?

①写真共有サイトを参考にしてみる

たとえば、Flickr などの写真共有サイトから、気に入った写真をドラッグアンドドロップ操作で花子の図面にコピーすることが、手間なくできる。また、その取り込んだ画像をダブルクリックさえすれば、花子フォトレタッチで明るさを調整したり、邪魔な電線を消したりすることも、容易にできる。

drag-drop-browser-panel

なお、いうまでもないことだが、ウェブから画像を流用するときに、使う前にCreative Commonsのライセンスを確認したほうが無難だ。自由に使っても良い素材もあれば、許諾を先に得ないといけないものもあるので、人の著作権を守って常識範囲内で使用したいものだ。

それにしても、使える画像は本当に数え切れないほどあるので、アイデアが思い浮かばなくて頭が真っ白のときに、まずは花子の「ブラウザ」パネルを開いて、インターネットで検索して花子に取り込んでみていろいろと参考にするとよいだろう。

②ネットで情報をニュースなどの情報を確認しながら、ドキュメントや企画書を作成

別にブラウザを開いて花子を開いてウィンドウを並べたり切り替えたりすることは、誰もやったことがあるとは思うが、せっかくの花子のブラウザパネルなので、わざわざウィンドウを切り替えないで、ネットの情報を確認したり、またプレゼン資料などに必要な部分を取り込んだりするのは、スマートな方法。

browser-finances-check

③ホームページ素材・ウェブページ用の画像の書き出しチェック

花子は、ウェブ用の部品の出力にいくつか注意しなければならないところがあるものの、花子からGIF/JPEG/PNG形式に書き出した後に花子のブラウザパネルで確認すれば、画像の容量と画質が簡単にチェックできる。

確かに、花子はこういうところはPhotoshopやFireworksほどしっかりしていないのだが、たとえば「Web画像の切り出し」や「解像度を指定して切り出し」のコマンドを使って、結果がブラウザパネルで表示されるため、その画像の上に右クリックすれば、画像の出力サイズが確認できる。いちいち保存してまたIEなどのブラウザで確認しなくても済むので、手間が省ける。

browser-panel-properties

花子2009の見た目を花子2008以前のままに戻すには

花子2009は、全体的に白い見た目になっているのだが、好き嫌いがあるだろう・・・。

white-hanako-2009

もし新しい見た目を「気に召さない!」と思うのなら、インターフェース(ただしタイトルバーとメニューのみ)の見た目を幸いなことに花子2008以前のままに戻せる。

ツールオプションの右記の設定を「する」にして、花子2009を再起動すればよい。

interface-setting-2009

個人的には、Vistaを使っているときに花子2008以前の見た目のほうが、Aero表示になっており、全体的に見やすいと思う。どちらもお試しあれ。(一太郎の「カラーバリエーション」のような機能があればベストだが。)

aero-hanako-2009