イラスト作成のためのインスピレーション

花子でイラストを作成する方には、参考になりそうなサイトを紹介したい。

英語だが、掲載されているイラストを楽しめるには英語をわからなくてもよい。

IllustratorWorld

http://www.illustratorworld.com/gallery

IllustratorWorld.com screen shot

このサイトで紹介しているイラストは、基本的に花子と同様に、ベクトル系のアートだ。Illustratorで作成されたものばかりだが、時間をかければ、花子(特に、花子2008)でも再現できそうなものも多い。

ひょっとして、これは花子の理想型でもあるかもしれない。

DeviantArt

http://browse.deviantart.com/digitalart/vector/

DeviantArt screenshot

これもまた英語のサイトだが、幅広いイラストのサンプルが掲載されており、ぜひチェックしていただきたい。上記のリンクは、ベクトルアート部門へのリンクであり、とくに花子ユーザーに参考になりそうなものだ。よくみると、花子で再現できないものは、むしろ少ないと考えられる。あとは花子で楽にできるかできないかの問題だけだ。

花子のベジェ曲線アイコン(イメージ)最近、ベジェ曲線のツールをよく使っている。花子のベジェ曲線ツールとイラストレーターのペンツールは、たいした差はない。花子のベジェ曲線ツールで特に便利なのは、パスを閉じるときの方法、CTRL + ENTERだ。Illustratorの場合は、パスの始点にマウスをあわせてクリックしなければならないので、狙いをちゃんと定めて正確にクリックしないと、パスは閉じられない。

Illustratorにしろ花子にしろ、ベジェのペンツールはイラスト作成に不可欠だ。下記のイメージは、ペーンツールの使ってできる一つのサンプルに過ぎない。このサファリのような影イメージは、もともと影の下絵はあったが、ペンツール(花子のベジェ曲線ツール)でなぞった。かなり時間がかかるが、練習を重ねればそのうちは誰でも、上手にできるはず。

サファリのイメージ