PowerPoint 2007から花子に貼り付けた文字を編集しやすく!

やってみないとわからないことだが、前のブログでも取り上げているように、PowerPoint 2007から花子にデータを渡すときに、いくつかの課題と難点はある。

ここでは、あえてリストアップしないが、特に目立つトラブルの1つをピックアップしたい。

PowerPointのテキストボックスは、花子に貼り付けると・・・。

Inoutadatakatextboxcomplaint

実験してみたところ、PowerPoint 2007のスライドにテキストボックスを描き、任意の文字列を入力し、またそれをクリップボードにコピーして、花子に貼り付けるときに、そうだ、「貼付枠」として貼り付けられてしまう。「貼付枠でもいいんじゃない?なにがイカンのか、よくわかんないけど」という方もいるかもしれない。

それが、実は、花子の図面に「貼付枠」として貼り付けられたテキストボックスは、再編集できないどころか、文字として扱うこともできず、文字入力ウィンドウ(花子2007以上)にも、表示されないのだ。文字を貼り付けてから修正をする必要なんてないぞ!と言い張るのなら、よし、喜べ。あなたはもう関係ない。しかし、これはあとのことを考えると、文字が修正できないことは、大変不便なことだ。

Textboxfrompptissues

こんな状態でいいんだろうか・・・。(汗)

PowerPointから花子に貼り付けたテキストボックスを有効に使おう

幸いなことに、解決策はある。
やはり、花子の「ツール―オプション」で色々漁ってみると、出てくるものだ。
ただ、花子2008(以上?)でしか、この解決策は使えない。
また、クリップウィンドウの「オプション」パレットでは、この設定はできないので、要注意。

ツール―オプションの「操作環境―他形式変換」には、「Microsoft Officeグラフィックオブジェクトを作成する」という項目がある。ただ初期状態では、「しない」になっている。これが犯人だ。「する」にしておいてから、OKをクリック。

Hanako2008msofficepaste

そして、もう一度、PowerPointのテキストボックスをコピーして、花子に貼り付けてみよう。

Textboxfrompptaftersetting よっしゃー、成功だ!これでやっと、PowerPointのテキストボックスの文字が、花子で編集できるようになった。(文字枠の上にカーソルを置くと、Textboxcaninputcursor のカーソルが表示されるので、文字入力可能な状態だということがわかる。)行送りは変だけど。(なぜか、花子に貼り付けると、「・・・人物である」の文が「あ」のあとに送られる。PowerPointでは、そうではなかったのに。)

しかし元々、この設定を変えなければ文字枠の編集ができない、というのはかなり不思議なことなんだよね・・・。

「PowerPoint 2007から花子に貼り付けた文字を編集しやすく!」への3件のフィードバック

  1. japchapさんお久しぶりです。
    質問です。
    パワーポイント、あるいは花子さんで
    文字のアウトライン化はできるのでしょうか?

  2. isnさん
    大変ご無沙汰しており申し訳なかったです。
    文字のアウトライン化は、AIのように花子では問題なくできます。が、PowerPointはまだできません。
    しかし、PowerPointのスライドをPDF出力するときに、PDFドライバーやソフトによっては、アウトライン化するかしないかの設定がある場合があります。
    それでも設定がなくて、どうしてもPowerPointのデータをアウトライン化したければ、それをIllustratorに貼り付けて(そのままでもいけるかも)、あとはグループ解除・アウトライン作成できると思います。
    花子でアウトライン化→EMFで保存→Illustratorも、文字のベクトルデータは保持できるという記憶はあります。
    以上、参考になりましたでしょうか?
    また結果を教えてくださいね。

  3. PPTで入力した文字をIllustratorにもってくるとフォントはキープできますが、文字間がズレました。
    Illustratorでアウトライン化した文字をグループ解除した後、PPTに貼り付けるのはOKでした。
    でもラスタライズしても文字の角部分に白い背景が残ってコピーされてしまいます。
    IllustratorとPPTの相性が悪いみたいです。花子さんとPPTでやってみます。
    ありがとうございました。

コメントは停止中です。