牡丹の絵(花子の透過画像の表示問題その2)

3月14日に投稿させて頂いた、「花子の透過画像の表示問題について」いくつか貴重なコメントが投稿された。

それを受けて、いったいどのようにして、花子2008を使って透過部分のある画像(アルファチャネルが含まれるPNGまたはGIF)を、滑らかに表示できるのだろうか、少し実験をしている最中だ。

1つの結果は下記のとおり。

Botanwithbkgdfromhanako

牡丹の画像は、「日本の伝統文様」(MdN出版)から借用。
よくみると、牡丹の花の輪郭に、ギザギザがある、つまり滑らかではない表示になっている。イメージとして、だいたい雰囲気は伝わるとは思うが。

その元画像は、PSD形式(Photoshop)のものであり、Photoshop 7で開いて、牡丹の部分だけのウェブスライスを作成して、「ウェブ用に保存」のコマンドで、PNG-24の透過画像として出力した。また、それを花子の「ファイル―他形式の保存/開く―画像・イメージデータを開く」で図面に読み込み、それをダブルクリックして花子フォトレタッチで「画像―タッチ・モザイク・ノイズ」で少し布のような効果を加えてみた。

しかし、元々Photoshopで編集していた画像は、このように表示された。

Botanphotoshopreduced

背景の市松模様は、透過部分を表している。

花の輪郭部分が、元々、こんなに綺麗だったんだー。

しかしこれがあっても、花子で選択した図形を即座に、ビットマップの世界で編集できるなんて、やはり、花子の大きな特長だと思う。下記のとうな効果、花子フォトレタッチですぐにできる。

Botanwithidoukouka

白い花だけにピント合わせて、あとは「画像―ぼかし・シャープ―ぼかし・変形」で左側のブラー効果をかける。色々な可能性がある。また、花子フォトレタッチで画像を閉じたときに、またベクトルの世界、花子に戻ることになる。(上記の画像の背景部分だけは、花子本体で作成した。)

こうしてビットマップとベクトルの世界に自由に行き来することは、ある意味で、グラフィックスソフトのあるべき姿だと思う。イラストレーターのライブ・ペイントという機能は、どちらかというと、ベクトルの世界で作ったものを、またベクトルの世界で、あくまでPhotoshop感覚で着色ができるようなものだが、花子と花子フォトレタッチの組み合わせで、同じことが可能だ。

あとは、どれだけ解像度と、画像の輪郭の滑らかさを要求するのかだけだ・・・。