花子で極端なカーブをなめらかにする小技

多少意外な方法になるかもしれないが、少々の努力だけで、くねくねする線を、より緩やかなカーブのある曲線に変える方法はある。

これは少なくても、花子12~花子2008で使える。ただし、「角度スナップ」を解除しなければ、思い通りの結果にはならないので、その設定だけ、確認しておくとよい。

  1. 曲線を「図形の選択(拡大/縮小)」で選択する。
    Linesmoothingstep1_2 
  2. 直線のツールをクリックし、曲線の左の端点の上にカーソルを置き、下図のように「端点」の表示が出たら、左クリックをして、直線の始点を描く。
    Linesmoothingstep2
  3. マウスの左ボタンを離さずに、曲線の終点まで、ドラッグする。「端点」がまた表れたら、マウスのボタンを離し、直線が引かれる。(今回のサンプルでは、あえて直線の色を直線と違う色にしたが、特にいろにこだわらない。)
    Linesmoothingstep3
  4. ツールボックスの「ブレンドモード」(Blend_mode_icon )のツールに切り替え、上のステップ3で描いた直線と、元の曲線にそれぞれクリックをする。
    Linesmoothingstep4
  5. こうすると、「ブレンド実行」の下記のダイアログボックスが表示される。下記のように、ステップ数を「1」にして、「合成図形にする」のチェックを外すなどして、OKをクリック。(その先に「プレビュー」をクリックすれば、結果が確認できる。)
    Linesmoothingstep5
  6. 下図のように、元々描いた曲線と、直線の間に、曲線より滑らかになった曲線が描かれる。
    Linesmoothingstep6
  7. ここで、元の曲線と直線を削除すれば、出来上がりだ。
    Linesmoothingstep7_2 

この方法のメリットは、元々描いた曲線の始点と終点に、滑らかになった曲線が描かれるので、いちいち曲線の端点を直す必要はないので手間を省ける

ちなみにイラストレーターも、同様なやり方でブレンドツールを使って滑らかな曲線は描けるが、ブレンドを行ったあとに「オブジェクト-ブレンド-拡張」で、それぞれの曲線を別々のパスに分ける必要がある。だから、イラストレーターの場合はむしろ、スムーズツール(Aics3smoothtool )を使ったほうが、大雑把でありながら、自由に必要な部分だけを滑らかにできて便利だろう。

こういったパス変形の効果が発揮できるのは、ドロー系ソフトの醍醐味だ。MSオフィス(Word/Excel/PowerPoint)などで思い通りに描画し切れない曲線、花子を噛ませたら、あとはカット・アンド・ペーストで、さくさくと好きな形が描けて、頼もしい。