花子2008、いよいよ発表

本日、いよいよジャストシステムが花子2008の大まかな仕様と発売予定日を発表した。

http://www.justsystems.com/jp/products/hanako/

見るには、JustSuite 2008は勢揃いだ。(あの、商品箱のくねくね模様は気になるんだけど・・・)
Justsuitehanako2008

一気に来たかあ!

自分として、花子2008に含まれて意外だった新機能は、

  • 「図形効果」(精密なドロップシャドウや光彩効果)
  • 選択されている図形やイラストの自動入れ替え
    「すでに挿入されている画像などを入れ替えたいときには、入れ替えたい画像をコンテンツパレットからクリックするだけ。挿入し直したり、大きさや位置を調整が不要ですばやく置き換えられます」
  • トリミング(切り抜き)機能(これまでは花子フォトレタッチで行わなければならなかったものが、花子本体でできるようになった)

うむうむ。図形効果か。やっと、PowerPoint 2007に追いついたのかな?
ちなみにPowerPointとの互換性においても、.pptxファイルが読めるようになったようで、PowerPoint 2007とある程度(ま、本当にある程度になるかも)の互換性があるようだ。この点は、花子2007の残念だったところなので、ここをジャストシステムが見落とさずに対応してくれたことはよかったと思う。

トリミング機能も、サンプルの画像を見ると結構簡易のもののようだが、これはやはり嬉しい。いや、かなり嬉しい。これまで企画書を作っているときに、何回画像を貼付け、また「図形のイメージ化」をやって、花子フォトレタッチであれこれやって、また花子本体に戻って寸法を直させられたか・・・。これは、あまり期待しないふりをしながら、密かに、期待しておこう。

絵コンテンツも増えたな。+1,167点だって。がんばるな、ジャスト(のグラフィックデザイナーたちよ)!

残念だった点は、いま仕様を見て思いつくところが、

  • SVG対応にいっさい、手が加えられなかった
  • EPS対応も、Version 7までのまま(あ〜)
  • 花子フォトレタッチはバージョン3のまま!(これもまた、あ〜。)
  • パスフィンダー的な、ベクトル系の機能(合体、切り抜きなど)が、ないいいい

やはり1年でできることは、限られていると思う。メーカーの自業自得だとは思うが。しかし、僕の勝手な意見として、ずっと改良しないままにしてソフトの開発を放置するよりも、少しずつ改良してくれたほうが、まあまあ、いいのかなと。家計に響くと相変わらず喚く方が多いかと思うが。(それには異論なし。)

来年の2月だゾー、花子2008!
現行の花子でも、新しい花子でも、お互いにその描画の可能性をいろいろと、堂々と試そう。