花子2008の文字入力機能…どこが変わる?

もう花子2008の商品概要と仕様を見た方は多いかもしれないが、改良されたといわれる「文字入力機能」について、少し気になる点がある。

それは、「オートマーカー」の機能だ。

JustMyShopの花子2008の商品説明ページには、次の説明がある。

2008inputwindowsample

うーん。新しい文字入力のアイコン(矢印が付いたヤツ)をクリックして、図面の好きなところにクリックして、タイプする。それは、花子2007の仕組みと、どこが違うの???

花子2007の文字入力の仕組みというのは、

  1. 「文字枠作成」のツール(Yokogumimojiwakusakusei横組みまたは縦組み)をクリック
  2. 図面の空いたところに、または図形の上にクリック
  3. 入力する

文字枠の選択を外したときにはじめて、文字入力ウィンドウに文字が表れる。

しかし花子2008は、それを若干進化させただけみたいだ。文字を入力している途中でも、文字入力ウィンドウに、打っている文字が同時に表れる。まっ、これは確かに、いいと言えばいいのだが。凄きメリットとして訴求するまでもないような気もする。

はい、そこで質問。この新しい入力ツール(2008textinputicon )があれば、前の入力ツールはもう、要らなくなるのでは?またそもそも、なぜ古いツールがインターフェースに残っているのだろうか?

もうひとつ、ジャストの商品説明を読むと、この新しい「オートマーカー」機能でできることがわかる。それは、オートレイアウトで、文字を入力している途中に、文字枠の邪魔になる図形を退かせてくれる、という機能だ。いまの花子2007には、確かに「オートレイアウト」機能があり、文字入力ウィンドウに入力した文字が、図面にある図形に被れそうになったら、花子が自動的に下方向に図形をずらしてくれる。これはこれはいいのだが、自動的に図形を横にずらすことは、花子2007ではできない。また、行を削除すると、図形の位置は引き上げられない。

そこで、花子2008には、図形を自動的に横にずらす機能はないようだが、行の削除で図形の位置を引き上げることはできるようになったようだ。これもまあ、あると少しは役立つのかな、と思う。少しは。

しかし、ジャストに止めてほしいこの言い方。レイアウト操作に気を取られることなく文章入力に集中でき、スムーズに図面を作成できます」現実世界の話、レイアウトは大変だ。ツールが自動的にやってくれることは、まずない。もう少し、言葉を選んでほしい。ある、特定の状況において、レイアウトの調整作業が少し楽になる、という言い方のほうが正しい。これは、マーケティングと現実世界の違いであり、どうか、花子2008に乗り換えようとしている方に、悟っていただきたい…。

もし、PowerPointのように、何パターンかのレイアウトテンプレートがあれば、ためになる場合があると考えられる。また、文字の回り込みも、すごくためになるのだが…。これは、花子と純粋DTPアプリケーションの違いだな。