いろいろな方法でビネットを作ろう

「ビネット」(英明は vignette) って、なに? と、まず問いかける人が多いだろう。あまり日頃、耳にしない言葉だが、「背景をぼかした人物や風景の写真」のことだ。もっと正確に言えば、写真の被写体(撮影の対象となるもの)の周りが、背景色に消えていくような効果だ。

Flowervignette
つまり、このような効果。

実は、花子自体には、「背景をぼかす」などの即席機能は残念ながら存在しないのだが、花子フォトレタッチの機能を借りれば、立派なビネットが作成できる。(左図は、花子フォトレタッチでできた)

また、花子フォトレタッチを使って、下の縁だけ消えていくようにする(ぼかしやフェードアウト効果)など、多彩な効果ができる。以下、紹介しよう。

花子フォトレタッチで写真の縁にビネット処理をかける

花子フォトレタッチでこの機能を使うポイントとして、まず何かを選択しないとできないことを念頭に置こう。

以下は簡単な手順である。

  1. 写真やイメージを読み込む。
  2. CTRL+Aで画像全体を選択する。
  3. 選択パレットの「透明」ツール(Toumeiicon )をクリックして、透明ツールのコントロールパネルを開く。
    Vignettestep3controlpanel
  4. 「切り取る」にチェックを入れ、「幅」のスライダーを調節する。
    左側のプレビューペインに、効果が確認できる。
  5. OKをクリックして、効果が反映される。

すると、このような結果ができる。(設定次第ではあるが。)

Vignetteresult なお、でかい画像(数メガバイト以上)にこの処理を施すと、数十秒、CPUの速度とメモリーによっては1分以上がかかる場合があるので、要注意。不親切なことに、途中でキャンセルもできないので、ウェブに展開する画像の場合はあらかじめ画像―画像の拡大縮小を行っておくといいだろう。

上記のサンプル画像は、効果の設定画面で方法が「楕円」に設定した結果だ。

Toumeifademenutoblack もう一つの面白い使い方として、操作説明書などで、画面の一部だけを見せて、後はフェードアウトするということも、花子フォトレタッチの「透明」機能で可能になる。「透明」設定画面の「切り取る」にチェックを入れ、方法を「一部」に設定し、あとは幅と角度を調節してプレビューペインで確認する。背景色を白以外の色に設定すると、さらにこの効果の応用範囲が広がる。

実は、この効果には、奥がもっと深いのだが(例えば切り取った背景を透過させたい場合にどうするかなど)、とりあえず基本はこのとおりだ。

参考にしていただければ幸いである。