さくさくっと―その2。

先日、花子2007とその他のドロー系ソフトの起動時間の比較を投稿してみて、いくつか、良いコメントを頂いた。

実は、テストマシンのパワーアップをし、1GBだったRAMを、2GBに拡張し、再検査を行った。

すると、花子2007の1回目の起動は、7秒以内だった。また、2回目以降の起動は、約3秒だった。これは、メモリとアプリケーションの起動時間の相互関係をはっきりと裏付けるものだ。

参考までに、他社ソフトの数字(1回目の起動)を測ってみた。±1秒の誤差はあるが、やはりメモリを増やすと、いいことがある。

Visio 2003 6.5秒
PowerPoint 2007 6.9秒
Illustrator CS3 48.1秒