ショートカットキーの裏技

職場と自宅では、イラストレーターと花子を両方使っています。

時々思ったのですが、イラストレーターのツールボックスの操作、つまりキー一つでペン、円、選択などのコマンドに切り替えることは、花子でもできないかと。確かに、花子のメニューに「ツール」―「割付」―「キー」のコマンドがあって、ダイアログボックスを使ってキーの組み合わせ(例:Ctrl+1)でほとんどの操作をショートカットキーに割り付けることができる。これは、とても便利。

しかし、気づいたことが、パンやズームのコマンドは、このキーの割付メニューには含まれていない。しかも、図面を描いている時に、「H」や「Z」といった、単一キーによるツールの操作ができないようだった。

そこで!花子のヘルプを色々と探ったところ、花子には確かにパンやズーム機能の切り替えを、単一キーで操作するコマンドがあることがわかりました。これを有効にするに、は、クリップウィンドウの「オプション」タブをクリックし、「キーでコマンドを変更」を「する」に切り替えるだけでOK。

このオプションでは、ツールボックスの各コマンドを、ワン・キーで呼び出すことができ、便利です。イラストレーターやフォトショップの「H」(パン)や「Z」(虫眼鏡すなわちズーム)だってできます。なお、単一キーの割付はできないようです。独自の割付になっているので、ヘルプを見て覚える必要があります。(ちょっと、カスタマイズしたいのですが・・・)