「文字スタイル」について

初めて花子を使った頃に、PowerPointと異なる点がかなりたくさんあることに気づいた。その大きな一つとして、文字枠(テキストボックス)の扱い方が挙げられる。

花子では、文字を入力する前に、まずこれから入力する文字のスタイル(書体、サイズや色など)が設定できる(入力モード)。しかし、文字枠を選択したあと、または文字を入力している最中には、同じ「文字スタイル」のコマンドにより、現在選択・入力中の文字枠全体の文字設定ができる「変更モード」に変わってしまうのだ。また、文字枠スタイルの「お気に入り機能」(スタイルの登録と呼び出し)も、花子ならできる。その上、花子では選択中の文字を個別に「文字属性」で設定できるし、文字枠全体のスタイルを「文字枠スタイル」で設定できるので、小回りがきく。

さあ、PowerPointはどうだろう。PowerPoint 2007から「テーマのフォント」、つまりユーザー定義のフォントスタイルが設定できるようになったが、これは全スライド共通の設定だ。また、入力した文字のスタイルは、変更しない限りは基本的にスライドマスターに基づいて決まるので、個別テキストボックスのスタイル設定は期待できない。

花子もPowerPointも、うまく使えばドキュメント内の文字スタイルに統一感をもたらすことはさほど難しくない。しかし、花子は文字枠スタイルに対応しているので、ドキュメント(図面)内の統一感が得られるやすくなるはずであり、なおかつ同じページ内に複数の異なる文字スタイルも設定できるので、便利だ。