Just Suite 2007、アンインストールが史上最悪?

三日前から、花子2007のカラーパレットがらみのトラブルがあって、「編集」のタブをクリックする度に、アプリケーションが必ずフリーズしてしまう、という問題が発生。

きょう、ジャストシステムのサポートセンターに電話してみたところ、結局原因がわからず、ありとあらゆる手順で診断して動作確認をする羽目になった。いろいろと試した結果、Just Suite 2007をすべてアンインストールするしか手がなくなってしまった。しかし、本製品のアンインストールには、大きな欠点がある。それは、各アプリケーションを個別にアンインストールせざるを得ない構造となっていることだ。

まだアンインストールの作業中だが、これをやって再インストールを行ったからと言って、花子2007がまた正常に動作するという保証がない。最悪なことに、一太郎、花子、三四郎、PDF Editor、ATOK、ShurikenとAgreeをすべて、別々にアンインストールしなければならない。アンインストール作業開始から、すでに1時間が経過。また一太郎、花子、三四郎、ATOKとPDF Editorの後に、それぞれ再起動しなければならず、大変、手間がかかる作業ばかりでなく、MS Officeと比べてこんな大変な目に遭わなきゃいかんのか、Just Suiteを使っている自分が馬鹿らしく感じ始めた。

ちなみに、花子2007のトラブルが起きたOSは、Windows VistaのHome Premiumだ。別のWindows 2000で花子2007を使用しているが、特に問題なく使っている。ジャストに電話したときに対応してくれたサポートの方は、「弊社では、Windows Vistaの動作検証を行いました」とのコメントだったが、「すべての機種で動作確認することはあいにくできません」といった回答だった。それは当然のことだとは思うが、やはりVistaでの動作確認は足りなかったのでは?と思わざるを得ない。

Just Suite 2007のインストールは、たださえ何十分も掛かったのに、アンインストールにはその倍掛かってしまうことには、どうも納得がいかない。このアンインストールが終わり、まず一太郎2007、花子2007とATOK 2007の再インストールに挑戦してみる。今度こそ、うまくいかなかったら、Just Suite 2007のVistaでの使用は残念ながらもう諦める。

言っておくが、ATOKと花子をはじめとするジャストシステムの製品はおおむね好きなのだけど、インストーラーくらいはしっかり開発してから出してほしい。だいたいJust Suite 2007は一ヶ月遅れで市場に出たことが、インストーラーのせいだったので、せめてそれくらいは・・・。