「賞賛」カテゴリーアーカイブ

花子の「文字入力」で迷ったときに・・・。

 

花子2009から文字入力機能が以前の花子バージョンと比べて使い勝手が向上された。しかし、他のドローソフトと比べて、余計に複雑な点と、設定をいじらないで使い物にならない点があって、出だしから諦めてしまう人は少なくないはずだ。

 

Hamataroublogpage
そこで、「快適パソコンライフ−ごった煮」の浜太郎さんが、文字入力について丁寧かつとても分かりやすい解説「初めての花子 (1)」を書いてくださった。

 

花子のオンラインヘルプにもアドバイスとヒントはあるが、ステップ・バイ・ステップの解説は助かるよね。

 

ぜひとも、花子を初めて使って訳が分からない方には、おすすめしたいので一読有れ。

 

 

バージョンアップをしなくても良いのだろうか・・・。

hanako-larger-icon 今週の金曜日(2月6日)に、花子2009が発売となる。

そこで、今日の大不況といわれる中、「花子のアップグレードをしなくてもいいんだろうか?」と自問自答する人々は少なくないはずだ。僕も、その一人だった。

花子でもほかのアプリケーションでも、疑問と答えは一緒だ。つまり・・・

  • いま現行持っているバージョンで、特に不自由はしていないか
  • 新しいバージョンを入れることによって、確実に改善されることはあるか
  • バージョンアップをして、これまでできなかったことができるようになって、
    うれしいこと
    はあるか?

上記のことを順番に考えた上で、バージョンアップをすればよいと思う。

まとめていうと、下記のことが参考になるかもしれない。

花子2008まで不自由だったこと、花子2009で解決される点

花子2008までの困りごと

花子2009での解決策

black-cloud-icon 花子形式以外の画像ファイルは、扱いにくいところがあった

yellow-star 画像ファイル(GIF/JPEG/PNGなど)を、エクスプローラの「プログラムから開く」ことができるようになった

yellow-starJHD形式(花子)のファイルのサムネール(縮小版)がエクスプローラで表示できるようになった

yellow-star花子の「ファイル-開く」コマンドから画像データを直接開くようになった

black-cloud-iconプロ向け印刷用途にはあまり向かなかった

yellow-starIllustratorへの書き出し(EPS形式)の制度が確実に上がった(特にグラデーションの再現が大きく向上)

black-cloud-icon図形の形を思うように変更できなった

yellow-star「図形加工」の新機能で、2つ以上の図形を重ね合わせて形を結合したりくりぬいたりすることが簡単になった

black-cloud-icon文字入力ウィンドウは、あまり見やすくなくて自由に項目を扱えなかった

yellow-star文字入力ウィンドウで項目の移動、置き換えなどができるようになった

yellow-star 文字入力ウィンドウで文字の色、下線や太字などが表示できるようになった

black-cloud-iconPOP文字はあまりうまく作れなかった

yellow-starPOP文字の機能が搭載された

これだけでも、多くの人にとってかなりの理由になるかと思う。特に、PowerPointの補助ツールとして花子を使っているユーザーにとっては、「図形加工」の機能が大変便利だろう。

確かに、少なくても花子12(2002年リリース)の時代から、「幅を付けて塗りつぶす」「交点で塗りつぶす」「交点で切断して削除」といった機能があって、ある程度、図形の形の変更に対応できた。

しかし、無意味な制限も多く(塗りつぶし色が設定されている図形には使えない、また図形の数が多いとエラーが出るなど)、ここで諦めてしまった人は少なくなかっただろう。(当方も、その一人だった。)やっと2009バージョンから、下記のような図形操作が、花子で簡単にできるようになって、花子を強力なドローツールとして再考する時期が訪れたと考える。

図形加工のサンプル・・・こんなことがで1クリックできるようになった!

zukei-kakou-sample_02_02_02

世の中にはもっとすてきなサンプルがあるとは思うが、基本的には図形と図形を重ねて操作するものでいろいろな形が作れる、という考え方なので、かゆいところに手が届くと思う。

バージョンアップの話から脱線したが、このような新機能があって、花子2009の新バージョンを導入して自分の困りごとが解決されるか(または少し楽になるか)、答えは人それぞれだと思う。しかし、これはメージャーリリースとは言えないにしても、特に図形加工の機能はソフトの使いやすさに大きく貢献する機能なので、花子のヘビーユーザーにはまずイチオシのバージョンアップだ。

ただ、花子フォトレタッチのバージョンアップを期待している人々には、残念ながらまた今年も飛ばされたので、とりあえず現行バージョン(v3.0)で辛抱するのか、GIMPやPhotoshop Elementsなどを代用して来年まで待とう。

花子2009の文字入力ウィンドウでこんなことができる

先ほどJustMyShopの花子2009の説明を読んでいたが、これまで気づかなかったことを発見して、皆さんに紹介したい。

それは、花子2009の文字入力ウィンドウの項目をクリックして、SHIFTを押しながらほかの項目の上にドラッグすると、項目の入れ替えができるようになったことだ。

つまり、こういうこと。

(1)文字入力ウィンドウの項目をクリックしてほかの項目にドラッグ

drag-mojinyuuryoku-item

(2)SHIFTキーを押しながら、項目の上にドロップして、項目を入れ替える

drop-mojinyuuryoku-item

これは、ほかに例のない機能だ。大変便利。一見して何でもないことにも見える。しかし、図形の位置調整をしなくて済むことには、大きなメリットがあると考えられる。こんな機能、見たことがないが、思うにはかゆいところに手が届くような機能にはなるだろう。直感的でわかりやすいし、理にかなったものだと思う。この2月に花子2009を手に取る方、是非、体験してみるがよい。

さくさくっと―その2。

先日、花子2007とその他のドロー系ソフトの起動時間の比較を投稿してみて、いくつか、良いコメントを頂いた。

実は、テストマシンのパワーアップをし、1GBだったRAMを、2GBに拡張し、再検査を行った。

すると、花子2007の1回目の起動は、7秒以内だった。また、2回目以降の起動は、約3秒だった。これは、メモリとアプリケーションの起動時間の相互関係をはっきりと裏付けるものだ。

参考までに、他社ソフトの数字(1回目の起動)を測ってみた。±1秒の誤差はあるが、やはりメモリを増やすと、いいことがある。

Visio 2003 6.5秒
PowerPoint 2007 6.9秒
Illustrator CS3 48.1秒

さくさくっと。

花子の強みの一つ、起動時間の短さが挙げられる。

花子2007と他社製品の起動時間を実際測って横並び比較してみたところは、下記のとおり結果が出た。

Visio 2003・・・                            4.8秒
PowerPoint 2007・・・              5.9秒
花子2007・・・                        6.2秒
DrawGraphic 2・・・                6.7秒
Fireworks CS3・・・                    10秒
Illustrator CS3・・・               52.1秒

ベンチマークテストの環境は、Toshiba DynabookのTX/66A、1GB RAM/Celeron M 1.73GHz/Windows Vista Home Premiumだ。また、上記の数字はいずれも、同アプリケーションの2回目の起動時間を表す。

花子フォトレタッチ3は、これらよりもっと素早く立ち上がる。上記の環境で、約1.4秒で完全起動。フィルターの処理時間がノロノロのものもあるのだが、花子フォトレタッチは普通に使う分、軽快そのもの。

実際の話、最近職場でPhotoshop CS2とFireworks 2004MXを使って200点くらいの写真のバッチ処理(リサイズ、キャンバスの追加など)を行わなければならなかった。しかし、結局のところ、いずれの製品もバッチでシャープ処理+ダイアログなしのファイル保存ができず、花子フォトレタッチ3でシャープ処理を行った。ものすごい時間がかかるかと思ったが、200点を1時間くらいで完全制覇。ちょっぴり、うれしかった。

以上をふまえて、さくさくと動くソフトとして、花子はトップクラスだ。