「新機能」カテゴリーアーカイブ

花子2009のEPS書き出し・・・どこまで改良されたか その1

今月リリースとなった花子2009の大きな売りとして、EPS機能が挙げられている。アドビIllustrator CS3との互換性もあるとか。

実際にどこまでよくなっているのだろう?

今回は、花子の一つの独特な機能、「パターン塗り」を、果たしてIllustrator CS3でちゃんと扱える形に出力してくれるのか、みてみよう。

花子2008で作成したサンプル(JHD形式)―元データ

original-epstest-logo-jhd-1 ※上記のイメージは、花子2009からPNG形式を出力したもの。

花子2008から出力したEPS形式データ(Illustrator CS3に読み込んだ場合)

epstest-logo-hanako2008out 

花子2009から出力したEPS形式データ(Illustrator CS3に読み込んだ場合)

epstest-logo-hanako2009out  ※上記のイメージは、Illustrator CS3からウェブ画像として保存されたもの(アンチエイリアスあり)。

最終的にIllustrator CS3から出力した画像はアンチエイリアスがかかっているため、もとの花子の画像と比べてあまり鮮明ではない。

しかし、花子2009はパターン塗りを、花子2008よりはるかに正確に書き出せることが判った。

順番が肝心?

花子2007から文字入力ウインドウが新たに登場。図面のレイアウトを意識しないで、まず思う存分に入力作業だけを済ませるには、確かに便利だ。

さあ、文字入力ウインドウの新たな展開とは?例えば、レイアウトと関係なしに項目が入力できるのであれば、いっそうのこと、文字入力ウインドウ内の項目を全く自由に順序を変えるようにすれば、どうだろう。フォームのよく更新する文字列を入力ウインドウのいちばん上に並び替えできたら、このような作業はラクラク。もう一つ、図面とは別に、自分好みの項目アウトラインが作成できるだろう。

とにかく、花子で文字情報の論理的表示と、レイアウト上の表示が二通り可能になることは、期待したい。