「その他の話題」カテゴリーアーカイブ

バージョンアップをしなくても良いのだろうか・・・。

hanako-larger-icon 今週の金曜日(2月6日)に、花子2009が発売となる。

そこで、今日の大不況といわれる中、「花子のアップグレードをしなくてもいいんだろうか?」と自問自答する人々は少なくないはずだ。僕も、その一人だった。

花子でもほかのアプリケーションでも、疑問と答えは一緒だ。つまり・・・

  • いま現行持っているバージョンで、特に不自由はしていないか
  • 新しいバージョンを入れることによって、確実に改善されることはあるか
  • バージョンアップをして、これまでできなかったことができるようになって、
    うれしいこと
    はあるか?

上記のことを順番に考えた上で、バージョンアップをすればよいと思う。

まとめていうと、下記のことが参考になるかもしれない。

花子2008まで不自由だったこと、花子2009で解決される点

花子2008までの困りごと

花子2009での解決策

black-cloud-icon 花子形式以外の画像ファイルは、扱いにくいところがあった

yellow-star 画像ファイル(GIF/JPEG/PNGなど)を、エクスプローラの「プログラムから開く」ことができるようになった

yellow-starJHD形式(花子)のファイルのサムネール(縮小版)がエクスプローラで表示できるようになった

yellow-star花子の「ファイル-開く」コマンドから画像データを直接開くようになった

black-cloud-iconプロ向け印刷用途にはあまり向かなかった

yellow-starIllustratorへの書き出し(EPS形式)の制度が確実に上がった(特にグラデーションの再現が大きく向上)

black-cloud-icon図形の形を思うように変更できなった

yellow-star「図形加工」の新機能で、2つ以上の図形を重ね合わせて形を結合したりくりぬいたりすることが簡単になった

black-cloud-icon文字入力ウィンドウは、あまり見やすくなくて自由に項目を扱えなかった

yellow-star文字入力ウィンドウで項目の移動、置き換えなどができるようになった

yellow-star 文字入力ウィンドウで文字の色、下線や太字などが表示できるようになった

black-cloud-iconPOP文字はあまりうまく作れなかった

yellow-starPOP文字の機能が搭載された

これだけでも、多くの人にとってかなりの理由になるかと思う。特に、PowerPointの補助ツールとして花子を使っているユーザーにとっては、「図形加工」の機能が大変便利だろう。

確かに、少なくても花子12(2002年リリース)の時代から、「幅を付けて塗りつぶす」「交点で塗りつぶす」「交点で切断して削除」といった機能があって、ある程度、図形の形の変更に対応できた。

しかし、無意味な制限も多く(塗りつぶし色が設定されている図形には使えない、また図形の数が多いとエラーが出るなど)、ここで諦めてしまった人は少なくなかっただろう。(当方も、その一人だった。)やっと2009バージョンから、下記のような図形操作が、花子で簡単にできるようになって、花子を強力なドローツールとして再考する時期が訪れたと考える。

図形加工のサンプル・・・こんなことがで1クリックできるようになった!

zukei-kakou-sample_02_02_02

世の中にはもっとすてきなサンプルがあるとは思うが、基本的には図形と図形を重ねて操作するものでいろいろな形が作れる、という考え方なので、かゆいところに手が届くと思う。

バージョンアップの話から脱線したが、このような新機能があって、花子2009の新バージョンを導入して自分の困りごとが解決されるか(または少し楽になるか)、答えは人それぞれだと思う。しかし、これはメージャーリリースとは言えないにしても、特に図形加工の機能はソフトの使いやすさに大きく貢献する機能なので、花子のヘビーユーザーにはまずイチオシのバージョンアップだ。

ただ、花子フォトレタッチのバージョンアップを期待している人々には、残念ながらまた今年も飛ばされたので、とりあえず現行バージョン(v3.0)で辛抱するのか、GIMPやPhotoshop Elementsなどを代用して来年まで待とう。

「花子2009奮闘記」について

ジャストシステム「花子」の開発担当、仁科 伸一氏が花子2009の開発途中について語る。

「にっぽんのシステム屋」ブログのイメージ

http://juststaff.justblog.jp/blog/2009/01/2009-a1b6.html [休止中]

特に「図形加工」機能で、意外と苦労したようだ。

あと、JustMyShop.comには、同氏の「開発者のコメント」が投稿されているので、ぜひ、一読あれ。

https://www.justmyshop.com/app/servlet/item?item_code=3390825&item_tab=1

花子2009の文字入力ウィンドウでRTF (Rich Text Format) に対応するには、コードを全部書き直さなくてはならなかったことが意外だった。知らないところで、知らない苦労があるんだな、と改めて実感した。

イラスト作成のためのインスピレーション

花子でイラストを作成する方には、参考になりそうなサイトを紹介したい。

英語だが、掲載されているイラストを楽しめるには英語をわからなくてもよい。

IllustratorWorld

http://www.illustratorworld.com/gallery

IllustratorWorld.com screen shot

このサイトで紹介しているイラストは、基本的に花子と同様に、ベクトル系のアートだ。Illustratorで作成されたものばかりだが、時間をかければ、花子(特に、花子2008)でも再現できそうなものも多い。

ひょっとして、これは花子の理想型でもあるかもしれない。

DeviantArt

http://browse.deviantart.com/digitalart/vector/

DeviantArt screenshot

これもまた英語のサイトだが、幅広いイラストのサンプルが掲載されており、ぜひチェックしていただきたい。上記のリンクは、ベクトルアート部門へのリンクであり、とくに花子ユーザーに参考になりそうなものだ。よくみると、花子で再現できないものは、むしろ少ないと考えられる。あとは花子で楽にできるかできないかの問題だけだ。

花子のベジェ曲線アイコン(イメージ)最近、ベジェ曲線のツールをよく使っている。花子のベジェ曲線ツールとイラストレーターのペンツールは、たいした差はない。花子のベジェ曲線ツールで特に便利なのは、パスを閉じるときの方法、CTRL + ENTERだ。Illustratorの場合は、パスの始点にマウスをあわせてクリックしなければならないので、狙いをちゃんと定めて正確にクリックしないと、パスは閉じられない。

Illustratorにしろ花子にしろ、ベジェのペンツールはイラスト作成に不可欠だ。下記のイメージは、ペーンツールの使ってできる一つのサンプルに過ぎない。このサファリのような影イメージは、もともと影の下絵はあったが、ペンツール(花子のベジェ曲線ツール)でなぞった。かなり時間がかかるが、練習を重ねればそのうちは誰でも、上手にできるはず。

サファリのイメージ

こんな機能があったらいいなぁ・・・。

この間、花子2007について、思い切ってジャストシステムにたくさんの改善要望を出させてもらった。その内容は、このドキュメントでまとめて送った。

http://www.exploringhanako.com/wp-content/uploads/archive/2007-05-18-hanakoreport.pdf

ジャストの回答が、思ったより早く、4日間くらいで届いた。出した要望に対してかなり簡潔すぎる回答じゃないか、と感じたが、とにかくその早い対応と、ユーザーの要望を積極的に聞いてくれるジャストシステムには、感心した。

出した要望のなかには、「分散・密集」・のような、ベクトル系フィルターを追加してはどうだ、というのがあった。例えば、このようなことができるような機能だとか。

Bunsanmisshuuidea1_2

Bunsanmisshuuidea2

花子の標準機能を使ってこのような演出をするのは、かなり大変だというか、手間で仕方ないと思う。そこで、機能があれば、上記のような、爆破的な(!)な効果が得られるのはと。ある間隔で、ある回数で、方々に図形をコピーしていくといった機能は、例えば構成部品の分解イラストなどにも欠かせない機能だろう。

これもやはり、マクロでできそうなものだが・・・。

Exploring Hanakoの再公開のお知らせ

本日、Exploring Hanako (http://hanako.jchap.net) の本体のサイトを再公開(というか、部分的に復旧)しましたので、ご覧下さい。まだすべてのコンテンツが復旧しているわけではありませんが、とりあえず昨年と一昨年のイラストのサンプル(少ないのですが)をアップし、残りのコンテンツを順次にアップする予定です。

このジャストブログは、引き続き投稿していきます。今後とも、よろしくお願いいたします!

「ツール」とは

「考える道具」…その言葉をよく考えると、道具が考えるわけではないことに気付く。「考えるための道具」…そっちのほうがむしろ、実情に合っている。

日頃使う「道具」は、どれだけ自分の考えを支えてくれるか。ツールを使うときに、そもそも「慣れ」の問題もあるだろう。ツールの使い方に慣れていなければ、まず考えることは支えられないといえる。

ツールには向き不向きはある。でもその手前にユーザーの強い意思があるはずだ。

「ツール」を手に取る前に、まずは「考え」そのものを、大事に育てたい。