花子フォトレタッチを見極めよう―その3(グラデーションとブラシ)

ずっと昔から花子とペアになっている「花子フォトレタッチ」。花子2010ではまだバージョン3のままだが、バージョン3でも少し面白くて独特な効果が得られる。ただ、使い方は決してシンプルではないので、ここではちょっとしたワザを紹介したい。

hanako-photoret-colorp  例えばグラデーション。花子フォトレタッチのカラーパレット(右図)には5つのカラーモードがあり、その4つめのもの(図の赤い線で囲ったもの)がグラデーションを設定するものだ。

花子フォトレタッチのグラデーション設定は使用中の描画ツールによって使い方が変わる。

ブラシツール(hpt-brush-icon )の場合は「方法」「繰り返す」と「変化する長さ」という設定がある。右図の「設定」ボタンを押すと、それらのオプションが選択できる。

また、塗りつぶしツール(hpt-nuritsubushi-icon )の場合は「方法」「設定」と「種類」というオプションがある。

グラデーションの基本操作として、三つのステップがある。

hpt-gradation-steps

 

①塗りつぶしモードを選ぶ

②グラデーションの種類を選ぶ

③必要に応じて細かい設定をする

①はよいとして、②は初期(デフォルト)のパターンがあり、そのまま使えるが、「追加・変更」からは新しいパターンを作成することもできる。

また③の設定は、上記で説明した使用中ツールによって変わるものであり、ブラシを使っている場合と塗りつぶしツールを使っている場合と中身が違ってくるので要注意。

ブラシを使っている場合、上記の設定を自分好みに変更して、例えばこのような効果が得られる。

star-brush-curves 

グラデーションの「変化する長さ」の値によって、グラデーションの色が変わる間隔を設定することができる。

上記の画像は、ブラシの「形状の呼び出し」から星形のブラシを選択してブラシの形を決めた。さらに、ワコムのペンタブレットを使って筆圧によって星を大きさを描きながら調整できるので、便利だ。

また、塗りつぶしツールの場合は「設定」ボタンを押してこんな効果を簡単に作れる。

gradation-green 

可能性は無限に近いので、いろいろと遊び感覚で試しながら機能の使い方を学べる。ブラシ効果と塗りつぶし効果を組み合わせて、例えば下記のような画像は手軽に作れる。

starburst-world

PowerPoint for Macで作成したデータを花子で活用!

以前にこのブログでMacで花子データを扱うことについて投稿したことがある。ただ、その情報は単純に花子データを花子ビューアで見るだけの話であり、花子データ(JHD形式)をMacで開いてフルに編集することまで及ばなかった。

もちろん、花子のデータをMacでどう使うかによって、出力形式と方法も変わるが、Macで作成したデータを花子で編集したい場合は、PowerPointがためになる。

例えば、PowerPoint for MacでPowerPointデータを作成し、それをWindowsの花子に読み込むことができる。また、逆のこともできる。

ただ、やはりソフトのメーカーもOSも違うため、これは完ぺきな作戦ではない。さて、MacのPowerPoint 2008(いまの最新バージョン)のデータを花子に読み込んだ場合は、どのような結果になって、またどういった点に気をつけないといけないのか、一例を少し見てみよう。

PowerPoint 2008 for Mac→花子2010へ

下記のスライドは、PowerPoint 2008 (Mac) で作成した、ごく一般的な表紙スライドだ。shiretoko-slide-ppt2008

シンプルに見えるが、実はPowerPointの独特な機能をいくつか使用している。例えば…

  1. 「知床」の字にわずかなグラデーション塗り
  2. 写真はスライド背景に埋め込み
  3. 書体はMacの「ヒラギノ角ゴ」を使用
  4. フォントのイタリック体を使用

といった具合だ。

このPPTX形式のファイルを花子2010にそのまま読み込むと、どうなるのだろうか。

shiretoko-slide-jhd2010 「悪くないんじゃない?」と思われるかもしれない。確かに、一見して雰囲気的にはそう変わったようには見えない。

しかし、よーく見ると、PowerPointデータを花子に変換して明らかに変わったしまったことは下記の通り発見できる。

shiretoko-jhd2010-points

  1. PowerPointで設定したわずかなグラデーション塗りを設定したところ(「知床」の字)が、黒のべた塗りの字になってしまった。
  2. スライドの背景に埋め込んだ写真が、背景スライドから外れて、ほかのオブジェクトと一緒になってしまった。
  3. せっかくMacで選んだカッコいい書体はWindowsのMSゴシックに変換されてしまい、平凡な感じになった。
  4. PowerPointで設定したイタリック体は花子に読み込んだ時点で30°の斜体文字に変えられ、やや見栄えの悪い見た目になった。

では、これらの課題を乗り越えるために、どうすればよいのだろうか?

例えば:

  • PowerPointで設定する字のグラデーション塗りは花子で破棄されるため、PowerPointでテキストボックスを選択して「切り取り」をしてから「形式を選択して貼り付け」を選び、「PNG」として文字を貼り付ければ、グラデーション塗りの文字を花子でそのまま表示できる。(ただ、文字としては編集できなくなるので、要注意。また、文字の輪郭が多少ギザギザに見えることもある。)
  • スライドの背景は花子ではまた花子の「背景スライド」に戻せばよい。(ただ、スライドがたくさんあるときは面倒な作業が伴う。そのままにしておいても基本的に問題はないが、ファイルサイズの肥大化につながることもあるので、なるべく背景スライドを使う。)
  • 書体はMacにあってもWindowsにあるとは限らないので、なるべくOffice系の共通フォントをつかったほうが無難。
  • イタリック体文字の変換は花子の弱点だ。なるべくデータを花子に読み込んでから、イタリック体を設定したほうが時間の節約になる。

ただ、上記の例はたったの一例に過ぎない。内容によってはもう少し手を入れないといけないので、スムーズな変換を期待しないで覚悟の上で変換を進めることが懸命だ。

以上、いろいろと注意しなければならないことはあるが、Macで作成したプレゼンテーションやスライドショーを花子で扱うことはときによって便利なので、MacとWindowsの両方で作業をしなければならない人には必須な技となる。

Exploring Hanakoが生まれ変わる?

すでにジャストブログでサイトを持っている方にとって周知していることだが、3月末よりjustblog.jpのブログ(当ブログも含めて)が、シックスアパートという会社にサービスが移管されることになるらしい。

このニュースを聞いてExploring Hanakoについていろいろと考えた。

その結果、せっかく花子、イラストレーターなどのドローソフトのためにヒントや技を知りたくて訪問していただいている方のためには、当ブログを継続することを決心した。継続するどころか、デザインを一新させ、視野をもう少し広げて花子だけではなく、ほかのベクターグラフィックスのソフト(Visio、Illustratorなど)との比較や、作品の作り方、またこれらのソフトを日常生活において便利に使える方法についても、これから触れたいと思っている。

これまで更新不定期のExploring Hanakoだったが、皆様にじゃんじゃん参考にして楽しんでいただくためには当ブログのデザインもコンテンツも進化をさせ、そして自分自身も気持ちを改めてやっていけばいいんじゃないか!と思い立った。当ブログは3月には開設からちょうど4年目になり、めでたいときでもある!

ということで、3月末まではジャストブログのままで当ブログを継続し、それ以降はパワーアップ(!)した形で再起動!という、大胆な企画だが、実はほかのデザイナーの力も借りてすでに実行に移っている。自分自身の限界はあるが、経験のあるデザイナーとのコラボレーションならよりよいものが生まれるだろう、と希望を高く持って期待している。

なお、さまざまな変更により場合によってはExploring Hanakoのアドレスを変更する可能性があるので、きちんと詳細が決まったらまたこのスペースで必ず案内情報を投稿する予定。

もし「こういう情報がもっと見たい!」「こんな機能とウィジェットがあればよい!」という声があれば、リデザインの参考になるのでぜひコメントを下さい。

引き続き、よろしくお願いいたします。

花子2010の「カラースキーマ」のプロになろう!―その1

dining-set-initial花子2010のコンテンツにある「ダイニングテーブル」の部品で実例をみよう。

元々の画像は右にある。

まず、ダイニングテーブルと椅子を選択し、「図形―カラースキーマ」のメニューコマンドを選ぶか、カラーパレットにあるカラースキーマのボタン(color-schema-button )をクリックして「カラースキーマ」のダイアログを出す。

color-schema-1右図のように、ダイアログが表示される。が、カラーポイント(カラーホイルの中にある◎で囲まれている部分)がたくさんありすぎて、これだと編集が若干大変かも。

そこで一旦このダイアログを閉じ、ダイニングテーブルを合成解除して、まず色を変更したい部分だけ、選択をしてもう一度カラースキーマを選ぼう。

hint-box-1

次に、お皿、椅子の座布団とテーブルクロスを選択し、もう一度カラースキーマに挑戦。

color-schema-2

必要な部分だけを選択したため、カラーポイントが減った。さっそく編集してみよう。まずカラーポイントをどれか、直接クリックして回してみる。

「すべてのカラーポイントを連動させる」という鎖のようなアイコン(color-rendou-icon )がつながっている状態(オン)であれば、カラーポイントを回すことによってほかの色も相対的に回転し変わっていく。

カラーポイントを円の真ん中に移動すればするほど、全体の色が薄くなっていく。また、反対に円の外に向けてカラーポイントをドラッグすると、全体的に色が濃くなっていく。

このようにして色々な組み合わせが気軽に作れる。

dining-set-try1

  では、この中の一つかいくつかの色をそのままにして、ほかの色を変更したいときはどうすればよいのか?

color-point-kotei

固定したい色(カラーポイント)をクリックしてロックのアイコンを「色を反映しない」(かかった状態)にすれば、そのカラーポイントが太い二重の四角に変わる。これで色は固定される。

紛らわしいことに、これ以降ほかのカラーポイントを編集すると、固定したカラーポイントの色も連動して変わるように見えてしまう。しかし、「プレビュー」にチェックを入れて原画を確認すると、確かにいろは固定されているので一安心。

ここで覚えておく大事なポイントとして、四角になっているカラーポイントはいくらいじっても変わらない、という点だ。もっと奥が深いのだが、カラースキーマ、グラデーションと透明度設定でこのように仕上げてみた。

Diningsetdarker

まだカラースキーマについてよくわからなければ、「ここまで出来る!花子 技ありテクニック集」の112ページにそれなりに詳しい説明はあるので、ご覧あれ。

「参照図形」を使って作業時間を半分に!

今週の金曜日(2月5日)に、花子2010がいよいよ新発売となるが、今回はそれとは関係なしに、ちょっとした作業テクニックを紹介したい。

あまりよく知られていないが、花子には「参照図形」という機能がある。この機能は少なくても花子12から存在しているので、かなり古いバージョンでも、この機能が使える。

flowchart-before

フローチャートや、同じ図形がたくさん使われているイラストや図面の修正には、とても有用に使えるので、簡単なサンプルで紹介しよう。(参考までに、イラストレーターにも「シンボル」という機能があり、かなり似ているのでイラストレーターのユーザも同様なことができることを念頭に置こう。なお、操作手順は違ってくるのでご注意を)

左図で使っている主な図形は、横長の八角形と三角だが、もし横長の八角形ではなく、長方形にしたい場合は、花子であればいくつかの方法がある。

例えば、花子2009以降を使っている場合、文字入力ウィンドウの項目をすべて選択し、右クリックをして「長方形で囲む」にすれば、とても簡単に作業完了。

しかし、逆にこのフローチャートの図形をもっと複雑なものにしたい場合は、どうすれば効率的にできるのだろう?

その答えは、「参照図形」の機能だ。(ただ、最初から参照図形を使ってフローチャートを描く必要がある。)

一般的な手順として・・・

  1. sanshou-zukei-location 最初の図形を描く。(フローチャートのように言葉を入れないようにすれば、後の使い回しが容易になる)
  2. クリップウィンドウにある参照図形のボタンをクリック(右図参照)。
  3. 上記1で描いた図形を選択し、参照図形パレットの「登録」ボタン(sanshou-zukei-touroku )をクリック。すると、「参照図形登録」のダイアログが表示される。適当な名前をつけて、登録する。
  4. 以降、フローチャートを作成するときに、描画ツールやコンテンツパレットで描くのではなく、この参照図形パレットに作成した新しい図形を図面にドラッグ&ドロップをして作り込んでいく。
  5. 登録図形を一斉に編集したいときに、メニューの「ツール-参照図形-参照図形編集」を選び、必要に応じて修正する。

    参照図形の編集が終わったら、画面の下方にある「登録」ボタンで保存して、上記5にあるメニューコマンドで図面に戻る。(このボタンとコマンドの位置はものすごく解りにくい。もう少し改善してほしい・・・。)

    sanshouzukei-touroku-btn

もし上記の手順を正しく行ったのなら、下図のような結果になる。

flowchart-after

あまり手間暇をかけないで、フローチャートやその他の図式のスタイルを一斉に変更したいとき、この「参照図形」の機能が有効なので、トライしましょう。