隠れたツールボックスで花子の作業効率アップ

普段はあまり意識しないものだが、ツールボックス(ほかのアプリケーションでは「ツールバー」と呼ぶ)は、けっこう重要なものだ。

というのも、花子はWindowsアプリケーションである故に、キーボードでコマンドを呼び出したりすることはかなりできるのだが、思う以上にツールボックス上のアイコンを押したりする。特に「描画」ツールボックスのコマンドは、キーボードショートカットをちゃんと覚えていなければ、マウス(またはペン)でクリックして操作ことが多い。

toolbox-hyouji-settei花子の初期状態では、70個ほどのアイコンがずらりと画面に並ぶが、そのほとんどは自由に好みに合わせて削除したり移動したりすることができる。しかしもっと便利の良いことに、ふだん隠れているツールボックスを呼び出して、いつもメニューやクリップウィンドウの操作の代わりに素早くワン・クリックでできるものがある。

描画ツールボックスの空いたところに右クリックをして「表示切替」を選ぶと、右にあるような画面が表示される。

この画面で表示できるツールボックスの種類は、なんと25種類だ。(かなりマニアックの世界とも言える。)ご参考までに、花子2009と比べてVisio 2003は17種類のツールバーが表示できる。また、CorelDraw Essentials 4は、8種類から選べる。

花子のツールボックスの一覧はヘルプコンテンツの「ツールボックス一覧」に含まれているが、ここで特に便利そうなものを紹介したい。

 

ツールボックスのベスト3(?)

(1)位置合せツールボックス

ichiawase-toolbox

確かにクリップウィンドウの「編集―変形―配置」パレットには、これらの図形の位置関係のツールがある。しかし、クリップウィンドウを表示したくないときや、手短なところにツールを置きたい場合は、このツールボックスを重宝する。

またこのツールボックスの特に便利なアイコンは、右から7つめの「位置合せ詳細」(ichiawase-shousai-btn)のボタンだ。キーボードからだとALT+D, P, Pという かなり覚えにくいコマンドなので、ボタン1つで呼び出せるのは便利。

(2)文字飾りツールボックス

toolbox-moji-kazari

このツールボックスの機能の半分くらいは確かにクリップウィンドウの「カラー」パレットには含まれているが、いくつかこのツールボックスにしかない機能もある。例えば「字形解除」(jikei-kaijo-btn) のボタンは、選択した文字例の反転設定を解除することができるから、場合によってはかゆいところに手が届くような。

(3)基本図形ツールボックス

kihon-zukei

これは花子で当たり前すぎるツールボックスだが、実は花子の操作上のクセでこのツールボックスが勝手によく非表示になったりする。例えば、描画ツールボックスを使用して「基本図形」から「ブロック矢印」または「吹き出し図形」に切り替えたときに、都合の悪いことに「基本図形」が消えてしまう。上記の方法で常に表示しておけば、必要なときに使えるので少しは作業が楽になるときもあるだろう。

花子のツールボックスやアイコンはほとんど無数の組み合わせで自由に組み替えられるので、自分の作業フローとスタイルに合わせてカスタマイズして損はないだろう。

「隠れたツールボックスで花子の作業効率アップ」への2件のフィードバック

  1. いよいよ予約開始になりましたね。
    2009が妙に手に馴染んだこともあって、この1年はほとんど花子の話題を書かなかったなぁ、なんて思い返しています。
    ある程度ヘビーに使おうとすると、ツールボックスのカスタマイズは必須ですね。「ツールボックスの割付」で自分用のツールボックスをあれこれ試行錯誤してみるのも面白いものです。だんだん自分用のツールボックスが洗練されてきて、作業効率が全然違ってきます。

  2. 臼田さん、ご無沙汰しています。
    コメントありがとうございます。
    今回のバージョンアップは、まだ個人的にはどっちつかずの気持ちです。(でも、優待版を予約してしまいました・・・。)
    カラースキーマ機能は面白くて、かなり癖はあるもののコツをつかめると便利です。グラデーション調整には有用ですよ。あのちっちゃいスライダーをいじるよりもカラースキーマでやれてかなり楽になります。
    また花子2010より「図面」のパレットが登場しましたね。用紙設定、縮尺機能やグリッドの設定をここでできるようになり、便利になります。
    単位系設定のバグはまだ残っているのですが。
    どうしても、パレットが増えてしまいますね・・・。アドビ製品もそうですが。
    半透明設定されているPNG-24画像も、花子2010でそのまま表示できるようになって、フェード効果、エッジぼかしなどが前より楽にできますね。RC版でいろいろと動作確認をしたら図面に割と奇麗に描画されるようです。
    普段見えないところにちょこちょこと改良が見られていますが、花子フォトレタッチは古いバージョンのままです・・・。

コメントは停止中です。