花子2010、RC版が今月末に配布

今週、ジャストシステムから花子次期バージョンのRC版(ベータ版)の評価依頼(申込書?)が届いた。

・・・ということは、2010年にも花子の新バージョンが出る模様だ。

RC版は従来のCD配布と違って、今年はダウンロードで提供することに切り替わるとジャストが説明している。コスト削減をしながら環境への配慮はありがたい。

花子の次期バージョンはどういった新機能と改良が盛り込まれているか、まだ情報は出ていないが、ジャストから公開されたモニターレポートをみると、AIファイル(アドビイラストレーター形式)の対応要望が散見されており、またジャストはそれらの要望に対して「今後の製品開発の貴重な要望として参考にさせていただきます」としている。

花子がいよいよIllustratorファイルを扱えるようになるのか。まだ実物をみないと断定はできないが、今年の2月に発売された「花子2009」はIllustrator CS3用のEPS出力機能が強化されており、次のステップとしてAIファイルに対応するのは、安易に考えられるし、パワーユーザーの要望にもかなっている。

とにかく、花子は生きている。開発がまだまだ進んでいること、そして花子が製品としてまだ進化していること、喜ぶべきことだ。

10月29日が待ち遠しい。