Word 2007から花子へのコピペのトラブルを解消

文字をコピーして、別のウィンドウにペーストするときに、貼り付けたものはやはり、文字であってほしい。・・・というのは、僕だけなのだろうか。

花子の特徴的なところがあるとすれば、Word/PowerPoint/Excel 2007からそのまま、文字列をコピーして花子の図面にペーストするときに、その貼り付けたものはテキストではなく、図としてペーストされてしまうというところだ。

さて、少し一歩引いて状況を考えてみよう。

まずInternet Explorerなどのブラウザーを開いて、ウィキペディアなどのサイトから文字をコピーして花子に貼り付けたときに、どうなるだろう。

paste-text-ie2hanako2009

花子に貼り付けたときに、文字入力ウィンドウにペーストするか、図面にペーストすると二者択一だが、どちらでも上図のとおり、文字データがペーストされる結果になる。

さあ、ワード2007でテキストをコピーして花子2009の図面に貼り付けたときに、どうなるのだろう?

 paste-text-word2hanako2009

ぱっと見て、「いけてるじゃん」と思える。しかし、ここからがポイントだ。そのペーストした文字らしきものをクリックしたときに、まず、文字入力のカーソルは現れない。そして、ダブルクリックして文字列を編集しようとすると・・・。

mojiwaku-word-ole-hanako2009

これは一体、どういうことだろう?花子の図面が見えるが、画面の上半分はWordのリボン(ナビゲーション)が表示されている。

こんな状態になって間違いをしたかと思うかもしれないが、まずご安心(?)を。これは、Word 2007の文字列が、OLEオブジェクトとして花子の図面にペーストされた証拠なのだ。つまり、ワード・ドキュメントのカケラみたいなものが、花子の図面に埋め込まれた、ということだ。

では、こんな状態でいいんだろうか?と思うのは自然な考えであり、また賢明な考えだ。もし、その貼り付けた文字列をこれからあまりいじくる必要がなければ、このままでもおおむね問題はない。しかし、普通は文字枠の大きさを調整したり、フォントサイズを変えたりしたい。なので、本当は、花子の文字枠形式に、文字をペーストする必要がある。

Word 2007のテキストデータを花子に文字枠としてペーストする 方法①

この方法は、花子2009以上で使用できる。

  1. Wordで文字列を選択してコピーした後、花子2009に切り替える。
  2. 花子の「編集―テキスト形式で貼り付け―文字枠スタイルを反映」にクリック。

すると、花子でも編集できる文字枠が作成される。

Word 2007のテキストデータを花子に文字枠としてペーストする 方法②

この方法は、少なくても花子13(2003年バージョン)から使用できる。

  1. Wordで文字列を選択してコピーした後、花子2009に切り替える。
  2. 花子の「編集―形式を選択して貼り付け」をクリック。
  3. ダイアログボックスに「テキスト」「Unicodeテキスト」などの文字形式クリックして、OKを押す。

このあたりの操作性の不便さは、どうもマイクロソフトOffice 2007のクリップボード操作の独自仕様によるらしい。

<ヒント!>

もしWord 2007から花子の図面にコピペすることが多くて、上記の手順が手間であれば、キーボードショートカットが SHIFT + CTRL + V 。これでWordの文字を一発でテキスト形式に変換できるので、便利だ。(参考までに、花子の「ツール―割付―キー」のメニューでお好みのショートカットも登録できる。)