花子2009のEPS書き出し・・・どこまで改良されたか その1

今月リリースとなった花子2009の大きな売りとして、EPS機能が挙げられている。アドビIllustrator CS3との互換性もあるとか。

実際にどこまでよくなっているのだろう?

今回は、花子の一つの独特な機能、「パターン塗り」を、果たしてIllustrator CS3でちゃんと扱える形に出力してくれるのか、みてみよう。

花子2008で作成したサンプル(JHD形式)―元データ

original-epstest-logo-jhd-1 ※上記のイメージは、花子2009からPNG形式を出力したもの。

花子2008から出力したEPS形式データ(Illustrator CS3に読み込んだ場合)

epstest-logo-hanako2008out 

花子2009から出力したEPS形式データ(Illustrator CS3に読み込んだ場合)

epstest-logo-hanako2009out  ※上記のイメージは、Illustrator CS3からウェブ画像として保存されたもの(アンチエイリアスあり)。

最終的にIllustrator CS3から出力した画像はアンチエイリアスがかかっているため、もとの花子の画像と比べてあまり鮮明ではない。

しかし、花子2009はパターン塗りを、花子2008よりはるかに正確に書き出せることが判った。