Macで花子

Crossover for Mac(Macintosh上でWindowsアプリケーションが起動できるソフト) のバージョン6.2.1(現時点での最新版)で、花子ビューアがおおむね正常に動作していることを、今日確認できて、とても嬉しかった。

Crossover for Macをインストール後、ジャストシステムのサイトよりビューアをダウンロードして、.exeファイルをダブルクリックすれば、ビューアは正常にインストールできる。

一部のインターフェースに日本語の文字化けは見られるが、機能的にはちゃんと使えるようだ。

花子ファイル (JHD形式) をMacでPDF出力も成功した。

編集はできないが、Macintoshで花子のファイルを閲覧したい方には、割と手軽で、便利な方法だと思うのでおすすめ。

文字入力ウィンドウが消えた???

花子2007から登場となった、「文字入力ウィンドウ」、やはり、当方として、使用頻度が高い。

通常は、文字入力のコントロールが画面の左側にある「描画ツールバー」のすぐ右上(花子2007は縦の中央くらい)に表示される。

しかし、時には文字入力ウィンドウが表示されず、さらに文字入力ウィンドウを再表示するためのコントロールも見えなくなる。

最初はかなり戸惑って、バグではないかと思った。

しかし、基本的に文字入力ウィンドウの開閉コントロールが消える原因は、画面表示モードだ。

上記のスクリーンショットのように、花子の「表示」ー「画面表示切替」の中には、「通常表示」、「カタログ表示」と「レイアウト表示」がある。

花子は初期状態では、「カタログ表示」モードの画面になっており、文字入力ウィンドウのコントロールもちゃんと表示される。

しかし、画面表示モードを「通常表示」または「レイアウト表示」に切り替えると、文字入力ウィンドウのコントロールが、消えてしまう。上記の「表示」ー「画面表示切替」の設定を初期状態から変更すると、このような動作が起きる。

ということで、文字入力ウィンドウは、カタログ表示モードでしか表示されないことに、(少し手を焼きながら)ひと通り、納得。