PowerPoint 2007→花子2007、訳あってうまくいかず・・・。

英語のマイクロソフトPowerPointニュースグループでも議論になり始めているのだが、PowerPoint 2007からコピーしたテキストボックスは、ほかのアプリケーション(Word 2007でも!)に貼り付けるときに、テキストボックスとして存在しなくなる、という仕様の問題を抱えているようだ。これは、PowerPointと花子で双方のデータのやりとりを行う方にとっては、かなり痛いことになった。

まず実験をしてみた。

PowerPoint 2007でテキストボックスを作成し、適当に文字列を入力してクリップボードにコピーする。そして花子2007に貼り付けてみたところ、「貼付枠」として貼り付けられ、編集できない。そこで、ジャストシステムに問い合わせしたところ、PowerPoint 2007からWord 2007に同操作を行うときでさえこの結果になってしまうことが明らかとなり、トラブルの原因は花子2007ではなく、そもそもPowerPoint 2007の仕様が変わったため、どのソフトもPowerPoint 2007のテキストボックスをテキストボックスとして扱えなくなったことが判った。

つまり、PowerPoint 2007からのデータを花子2007に貼り付けたり読み込んだりする時に互換性がもううまく行かないのは、ジャストシステムに擦り付けてはならない問題だということが判った。PowerPoint 2007のテキスト描画エンジンは、今回のリリースでかなりの進化を遂げた反面、その代価として花子のような他のソフトとの互換性が大きく損なわれてしまったのだ。

ジャストシステムは花子2007のリリースで、OpenOfficeのオープンソースのアプリケーションとのデータのやりとりを初めて視野に入れた。今回のような、PowerPoint 2007の独自仕様がどういう結果をもたらしたかを見ると、ジャストのその決断は正しかったと思える。