「反射」

パワーポイントの最新版であるMicrosoft PowerPoint 2007は、これまでのバージョンと比べて、文字と図形効果が飛躍的にレベルアップした。花子2007は、もともと「効果」というものには少々弱いのだが、それなりに技を持っている。

一つの例として、PowerPoint 2007には「反射」という効果がある。

Textreflectionppt2007

このような効果はやっと2007からPowerPointで行えるようになったが、花子なら、少なくてもバージョン12(4年前)より、このような演出は可能になっていた。

尚、一つ言えることは、花子は文字のアウトライン化により、こういった効果をつけることができる。下記に手順を説明しよう。

  1. 文字入力ウィンドウ(花子2007)または横組文字枠作成ツールを使って、文字枠を作成し、任意の文字列を入力。
  2. ESCキーを押し、CTRL+Cで文字枠をコピーをし、「編集」-「重ねて貼り付け」-「前面に貼り付け」を選ぶ。
    Zenmenniharituke
  3. 「変形」-「ミラー」を選び、「縦方向」が選択してあるのを確認し、OKを選ぶ。
    Mirrortatehoukou_2 
  4. 文字枠の左下の交点(角)にクリックする。上記ステップ2で貼り付けた文字枠が下に移動する。
  5. 「文字」-「アウトライン」で文字枠をアウトライン化する。
  6. 「上下にミラー」のアイコン(Jougenimirrorbtn )をクリックし、アウトライン化した文字列を上下逆さまにする。
    Jougenimirrorafter
  7. カラーパレットで線種を「なし」にして、「塗り」設定を「グラデーション」に設定し、下記のような設定にする。
    Hanshagradationsettings
  8. お疲れ様でした!このような効果ができあがり。
    Hanshakoukadekiagari

最後に、気が向いたら反射文字を選択して、「図形の選択(回転・せん断)」を選び、さらに反射部分を元の文字枠に近寄せることにより、かなり素敵な効果が得られる。
Hanshakoukadekiagarib

尚、現状の花子はPowerPointと違って、これはライブ効果(文字枠に直接連携している効果)ではないので、文字列が変わると、効果をつけ直す必要がある。

また、残念ながら、PowerPoint 2007でこのような効果をつけて花子2007に貼り付けても、思い通りにはならず、おまけに「貼付枠」として貼り付けられてしまうため、花子において簡単には編集できない。しかし!この効果を花子で作成し、それをPowerPointに貼り付けてはOKなので、このような複雑な影や反射効果を花子で作成してPowerPointに貼り付ける、という手がある

上記の操作は、花子12から対応できるので、是非とも活用を!

「「反射」」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。