コネクタの小技(花子で表を作ろう パート2)

花子の「コネクタ」機能を使って、実はちょっとしたマジックがいろいろとできる。

例えば、花子には表組み作成機能がないが、コネクタを使えば、高さが可変の表組み(のような)ものが作成できる。しかも、手順が意外と単純だ。

■高さ可変の表組み(テーブル)を花子で作成する

  1. 描画ツールボックスの「長方形」を選び、任意の大きさ(横長が最適)の長方形を描く。
  2. 「コネクタ」の「直線型」(Connectorchokusengata)を選び、下記のようにステップ①で描いた長方形の上の縁にハンドルが現れるまでマウスオーバーする。
    Hyougumiconnectstep2
  3. ハンドルの箇所をクリックし、長方形の下の縁までドラッグしてマウスを離す。
    Hyougumiconnectstep3
  4. 以降、自由に表のマスに横組み文字枠を挿入して、文字を入力する。

もし長方形を選んだ状態で文字入力をすると、自動的に「セル」に文字が現れる。また、「文字枠スタイル」の「段」を「2」に設定してから入力すると、花子が段の広さを自動的に長方形の幅に合わせてくれるので、あまり手間をかけないでできる。

サンプル

Connectorbasedtableex1
少し地味な例ではあるが、上記の作成手順で、このような表組みがかなり早く作れる。

なお、制限事項として、長方形の高さを変えてしまうと、文字枠スタイルの「段」機能を利用してセルをまたいだ文字列は、コラムが変わってしまう可能性がある(右のコラムから左のコラムにシフトしてしまうなど)。

しかしこの方法の利点として、①表の縦罫線の線種・線色を変更することができる;②「行」ごとに背景色・線種・線色を変更できる;③行の高さを変えても、縦線をつなげ直す必要はない、ということを挙げられる。

是非とも、いろいろとお試しあれ。
まだ花子には純粋な「テーブル」作成機能がないのだが、上記のような方法で、場合によっては何とかしてカバーできちゃうので、既成概念に縛られることなく、いろいろとトライしてみてもいいと思う。