「画像枠」と「イメージ枠」の違いとは・・・?

花子には、言葉が意味的にほぼ一緒でありながら、概念と動作的には違う「画像枠」と「イメージ枠」というものがある。どっちを使えば良いのか、悩んだ方はあるかと思う。少なくても、筆者は迷ったことがある。

◆「イメージ枠」と「画像枠」、どう違うの?

  • 「イメージ枠」は、花子に貼り付け後、ダブルクリックして花子フォトレタッチで編集できる。
  • 「画像枠」は、「イメージ」に変換しない限り、花子でダブルクリックして花子フォトレタッチで編集できない。

基本は以上であるが、実はほかにも違いがある。

  • 「イメージ枠」は、透過部分を含まない。
  • 「画像枠」は、透過部分(アルファチャンネル)があらかじめ設定してあれば、花子で透過表示する。
  • 「イメージ枠」は、「図形化」(花子で編集できるベクトルデータに変換)できる。
  • 「画像枠」は、イメージ枠に変換しなければ、図形化できない。
  • 「イメージ枠」は、透過部分の形を変更できないが、イメージの中でどの色を透過させるか、自由に指定・変更できる。
  • 「画像枠」は、透過色の指定はできないが、「切り抜きパターン」が設定でき、いつでも変更できる。
  • 「画像枠」を「イメージ枠」に変換できるが、イメージ枠は画像枠には変換できない。

「花子2006のすべて」には、イメージ枠と画像枠の違いについていくつかの説明があるが、今年の「花子2007のすべて」には、残念ながら、ほとんど説明がない。

「ファイル-挿入読込」を使うときに、挿入するファイルがイメージ枠として貼り付けられる。

総まとめ

  • 花子の基本となる画像形式は、イメージ枠である。
  • イメージ枠は、ダブルクリックすれば花子フォトレタッチで編集ができる。
  • 透過部分のあるGIFまたはPNGファイルを挿入する時に、「挿入-画像枠の作成」で挿入するとよい。
  • 切り抜きパターンを当てはめたい場合、「挿入-画像枠の作成」で、画像枠として挿入する。
  • イメージ枠に右クリックして指定した色を透過させることができる。

いろいろなズーム(花子フォトレタッチ3のショートカットキー)

「花子フォトレタッチ3」・・・花子2007とセットになっているのに、2000年バージョンのままだ。確かに、不能なソフトではない。基本的な画像加工、簡単なレイヤー操作などであれば、十分に対応できるソフトだと、私は考える。(2000年バージョンだけあって、Photoshopと比べて原始的なところはあるけれど。)

Hpt3samplescreen

ただ・・・。花子と違って、キーボードショートカットがあまりなく、あるものに関して花子のようにカスタマイズができない。もちろん、ほかのアプリケーションと同様に、ALT+[メニュー]+[コマンド]との具合で、いろいろなコマンドはアクセスできるものの、単一キーによる操作は、花子フォトレタッチ3の得意とするところではない。

きょう、初めて確認できたキーボードショートカットが、CTRL+テンキーの「-」(ズームアウト)およびCTRL+テンキーの「+」(ズームイン)だ。テンキーがなければ、「I」がズームイン、「O」がズームアウトの役割を持つ。また、ヘルプを確認すると、「Q」のキーを押して虫眼鏡ツールに切り替えることもできることがわかった。

また、花子フォトレタッチ3には、マウスホイルによるズーム機能がないので、これらキーボードショートカットを使うか、花子フォトレタッチの画面の左下にあるズーム率のタブで調整するか、パレットにある虫眼鏡のアイコンにクリックしてそこで行うか…。方法はいろいろとあるが、一つ、気になることが、やはり花子本体と統一性が図れていないことだ。(花子のコマンドキーのオプションを有効にすれば、「Z」でズームができる。)

しかし、よく考えると、どのソフトも、ショートカットキー操作において、お互いと統一性がないことがよくわかる。つまり、メーカー間で、ズームの操作はそれぞれだということだ。たとえば、アドビ社PhotoshopやIllustratorは花子と同じく、「Z」("Zoom")で虫眼鏡ツールに切り替えることができるし、またFireworksも同様。だが、DrawGraphics 2は、ショートカットキーがないが、マウスホイルでズームができる。OpenOffice Drawは、プラスキーとマイナスキーでズームインとズームアウトを。そしてPowerPointは、キーでズームができないが、マウスホイルでズーム操作ができる。最後に、Visio 2003は、かなりへんてこりんなことに、CTRL+SHIFTを押しながらマウスの左クリックすれば、ズームインができる。

とにかく、花子フォトレタッチで「Q」を押して虫眼鏡、「I」を押してズームイン、そして「O」を押してズームアウト、というふうに覚えて頂けたら、少しは楽になるのではと。…とはいえ、やはり、ユーザーが操作キーを自由にカスタマイズできることが、一番のことだと思う。

失敗作がこんなことに・・・。

Illustratorプロフェッショナルデザイン(エクスメディア出版)にあるサンプルを、花子+花子フォトレタッチで再現しようとしたところ、こんな作品が出来た。著作権上、オリジナルはここには掲載できないが、私が描いた結果物は展示しておこう。

Radiationspokeworks_2 

花子で入力した文字をうまくぼかし処理しながら、透過レイヤーとして花子フォトレタッチに持って行きたかったのだが、花子から文字だけをPNG形式で出力すると、文字の縁にはまだ背景色が残ってしまった。なぜなら、花子は「合成する背景」のような機能がないからだ・・・。

花子2007でインデント付き箇条書き その1

プレゼンテーションにありきたりの箇条書きのリスト。PowerPointには出来るが、花子は果たしてどうだろうか・・・。

確かに、このようなリストなら、単純な文字列なので、花子は簡単にできる。

Bulletedlistsamplenoindent

しかし、下記のような、インデント付きのものは?

Bulletedlistsample

特に最後のリストの項目に注目。2,3行目は、1行目の行頭の文字に合わせてインデントしてあることがわかる。

花子では、このような一発には出来ないが、一番手軽にできる方法を下記で紹介する。

  1. 文字入力ウィンドウ(花子2007)に、「まる」を打って「●」に変換し、そのあとに任意の文字列を入力する。項目を入力し終わったら、Enter を押して、続けて同じように「●」で始まった項目を入力してみる。
    Bulletedlistsamplenoindent_2
  2. 文字入力ウィンドウと同じ文字列が、文字枠として図面に現れる。
    文字枠にクリックをし、右側のハンドル(四角)を画面の真ん中まで、クリックしてドラッグする。(もしハンドルが表示されない場合、文字枠に右クリックをし、「文字枠スタイル-補助」のシートで「行自由」をチェックしてOKをクリック。)
    Bulletedliststep2
  3. CTRL+Aのキー、もしくはメニューの「編集-すべてを選択」で文字枠内のすべての文字列を選択する。
  4. クリップウィンドウ(画面右側)の中にある「インデント」の設定を、下記のように変更。
    Colorpaletteindentsettings
  5. すると、下記のように、インデント付きの箇条書きリストが出来た。
    Bulletedlistfinal

この方法のメリットとして、文字枠をのばしたり縮めたりしても、行頭の「●」が固定して、リストであることがわかる。
なお、花子2006でも、このような演出はできるが、上記のステップ1は文字入力ウィンドウではなく、ツールボックスで「横組文字枠作成」で文字枠を作って直接文字を入力する。また、ステップ4は、カラーパレットではなく、「文字-行間・インデント」でインデントを調整する。

Excelから花子へ―棒グラフのサンプル

夕べ投稿させていただいた記事にあるとおり、OpenOffice Draw経由でExcelから花子2007にグラフを貼り付けて加工することができるとのことを述べたが、実際に作成したサンプルをお見せしよう。

■元のグラフイメージ(Excel 2003)

Excelsamplegraph1

■Excel 2003→OOo Draw 2.1→花子2007で加工した結果

Bargraphfromexcel

OOo Drawで「切り離し」コマンドを行って花子2007にグラフを貼り付けた後、不要なパスや図形が引っ付いてきてしまうなので、花子で作業するときは注意して要らない図形を消すとよい。「図形削除」のツール(Zukeisakujoicon )でクリーンアップをすれば効率的にできる。

また、花子2007に貼り付けた後のパスの微調整も、多少必要になる。しかし、エクセルよりずいぶんと自由度があるといえる。

なお、OpenOffice Drawに貼り付けた後は、残念ながら数字データは残らない。従って、花子で加工したあと、もし元の数字データに変更があった場合、花子で棒を調節するか、またイチからのやり直しになる・・・。

最後に、花子の独特のグラフ作成コマンドで作成したグラフを、花子の描画ツールやコマンドで修正・加工できたら最高によいのだが、花子はまだそこまで賢くないので、今回のサンプルはあくまで数字データが確定してからの加工例だ。

このサンプルを作成して、特に花子が便利だなと思ったのが、「図形スナップ」の設定と機能だ。
Zukeisnapsettei

棒グラフの角の上にマウスオーバーしたときに、Zukeisnaphintkouten下記のイメージのように「交点」とか「端点」のポップアップが出てきて、その時点でマウスのボタンを離すと正確にスナップをしてくれるので、楽だ。

いろいろと書きましたが、どうか、参考にしていただければ幸いです。

Excelから花子へ・・・オープンオフィスの出番

Excelから花子にグラフを読み込むにあたって、先の投稿でExcelのデータを、PowerPointを介して花子で使えるデータ形式に変換する方法を紹介した。今回は、isnさんとKojiro-smさんのアイデアと発言のおかげで、エクセルの元の数字データはともかくとして、Excel 2007のグラフを手軽に花子で使える図形に変換する方法があることに気づいた。

前提条件として、花子2007での操作になる。花子2006以前ではできないので、要注意。また、花子2007の製品登録をし、ODG(オープンオフィスのファイル形式)の花子OpenDocument対応モジュールをインストールする必要がある。またもう一つ、OpenOffice.orgのOpenOffice Drawというソフトをインストールする必要がある。

操作方法として、

Excel → OpenOffice Drawにコピー → グラフに右クリックして「切り離す」を選択 → ファイルを保存(ODG形式)→同ファイルを花子2007に読み込む

これだけでOKです!

Excel→花子はいけます!(技あり・・・)

コメント欄でisnさんより、「花子には数値を読む機能があるのでしょうか?」とのコメントがあった。そもそもの答えとして、「なにがしたいのか?」とのことだが、まずエクセルと花子とのマッチングについていえることとして、エクセルで作った作表を、少し工夫を凝らせば花子用に変換できる、との結論だ。

一つの注意点として、花子2007+Excel/PowerPoint 2003の環境が前提だ。花子2006でも大まかな操作は基本的に可能だが、花子2006以前には文字入力ウィンドウが無いため、下記のステップにある「文字入力ウィンドウ」に関する部分は飛ばしてもよい。

エクセルの表を花子で使える方法

  1. エクセルでセルの反映を指定して、コピーし、パワーポイントの空白のスライドに貼り付ける。オプションができてきた場合、「表として」貼り付けること。
    下記の表はサンプルである。
    Exceltohanako1_2
    (注1)PowerPoint 2007→花子2007では、上記の操作ができないので要注意(花子2007に貼り付けるとたん、文字化けしてしまい、ひどい結果になってしまう。)PowerPoint 2003で上記の操作を確認できているが、PowerPoint 2002でも対応できるはず。
    (注2)Excelで結合したセルは、PowerPointにはうまく反映されないことがあるので、PowerPointに貼り付けた後、空の行を削除したりする作業が必要な場合がある。
  2. PowerPointで表の見た目を整えたあと、コピーして花子の図面に貼り付ける。
  3. 花子で貼り付けた表が選択されていることを確認して、図形ーグループーグループ解除を行う。
    もしこれで列の幅を変えたりセルに背景を塗りつぶしたり、またセル自体の形を変えたりする必要がなければ、ここで作業が完了。
  4. 花子の表のすべての罫線を削除しておく。数字や文字データを一緒に削除しないよう注意する。
    Exceltohanako2
  5. 表のすべての中身を大きく選択し、文字ー図形で囲むー長方形を行う。表が変わったようには見えないはずだが、この操作ですべての文字データを一挙に、花子で個別に塗りつぶしたり枠線を変えたりする図形に変換できた。(このステップは、必ずしも必要とは訳でないが。)
  6. ここからが自由自在だが、たとえば表をすべて選択し、編集パレットで線種や線色を設定したり、また、セルを個別に好きな色で塗りつぶしたり、またセル自体の形を別の図形に変えたりすることもできる。当方はこのような表が数分で作れた。
    Exceltohanako3

このテクニックの利点として、文字入力ウィンドウにも表組みの文字データが表示され、編集できるという点は挙げられる。また、文字入力ウィンドウのメニューから「項目の並び順」を「横書きスタイル」から「縦書きスタイル」に変更さえすれば、論理的に表の中身を分析することができ、TPOに合わせて使い分けられる。
Exceltohanako4

また、表のデータを編集する際、文字入力ウィンドウの「オートレイアウト」が無効になっていることを確認する必要がある。

メリット1
花子から表データをSVGまたはEMFに出力し、Illustratorなどで再利用が可能

メリット2
花子で作成した表をPowerPoint 2000-2003に貼り付けて利用できる

メリット3
花子の高度な図形編集機能で、表のセルの形、塗りつぶし設定や枠線の線色と線種が編集できる

メリット4
セルとセルの結合が可能(結合したいセルを選択し、「図形ー上下ーもっとも上」にし、塗り設定を「塗りなし」にして、必要ない罫線を「交点で切断して削除」で消し、また結合したいセルを選択し直して「1図形化」を行う)

デメリット
セルの枠線全体の線種・線色が変更できるが、一つだけの罫線の線種・線色が変更できない(但し、上記のステップ4~7を行わなかった場合には、罫線は個別に線種・線色ともに変更できる)

文字枠と文字付き図形パレットの秘話?

ご存じの方は多いと思うが、花子2007から文字枠まわりの設定方法が、大幅に変わりました。
そこで、解説を作成し、HPに掲載しましたので、興味のある方、また参考にしたい方、どうぞご覧下さい。

http://hanako.jchap.net/technique/mojiwaku_style/mojiwaku_style.htm

ご意見などありましたら、HPのフィードバックフォーム、もしくはこのブログのコメント欄にお願いいたします。

自分でも、この機能を試してみて、やっと理解できてほっとしています・・・。

XPSと透明度

最近、臼田氏のブログには花子のPDF出力(正確に言えば、Justsystem PDF EditorやアクロバットがPDFを作成してくれるのだが)やSVG出力に関する記事が出ており、興味深く読んでいる。特に取り上げられている問題点として、花子はPDF・SVGの出力の際、図形の透明度を生かせない、ということだ。

ただ一つ判定できないことが、透明度を生かせない制限は、花子本体の制限なのか(上流)、それとももっと下流のところでAcrobatなどのPDF作成の問題なのか、ということだ。小生は、PDFの仕組みに関してまだ知識が少ないため、なんともいえないところではあるが、思うには、花子側の制限の問題が大きいのではと。

Windows Vistaの標準搭載技術として、XPS (XML Paper Specification) という仕組みがあり、PDFのような(しかしPDFとは互換性のないような)ファイルが出力できる。また、興味深いことに、花子2007はPDFの出力機能がないのに、XPSの出力をサポートしている。

もう一つ、特記すべき点がある。それは、PowerPoint 2007から、透過性のある図形をXPSに出力できることだ。さて、XPSに出力した場合、透過性や透明度は残るのだろうか。実験の結果は下記のとおり。

■花子2007→PNG

Transparentxpsbefore

■花子→XPS

Transparentxpshanakooutput

■花子→PowerPoint 2007→XPS

Transparentxpsfromppt

ご覧になって丸分かりだと思うが、花子から直接、XPSを出力した場合はPDFと同じく、透明設定は破棄されてしまうのだ。しかし、PowerPointを介すれば、なんと花子で作成した透明設定のある図形が、綺麗に出力できるのだ

また、花子から出力したPNGは、非常に綺麗なのに、なぜ、花子は透明度出力にこんなに弱いのか、不思議でたまらなくなる。

とにかく、今回の実験でわかったことが、PowerPointとうまく組み合わせさえすれば、花子で描いた透明度のあるイラストを再現できることだ。PowerPointにはなくて花子にはある、豊富なドローツールをうまく使って、印刷はPowerPointに任せるという手もあるのではないか・・・?

イラストレータCS3、ついに米国で登場

ここは花子関連のブログなのにアドビ製品の宣伝をするのはなんだけど、adobe.comを確認したところ、次世代のイラストレータは製品の概要説明とパッケージデザインが同社サイトに掲載されており、既に先行注文を受け付けている模様だ。ついでにFireworksもフルモデルチェンジを遂げたとか…。グラフィックスアプリケーションの市場がますます激化するなか、ジャストシステムにも相当頑張ってもらわなきゃ。

どんどん、ジャストに花子の要望を前向きに出しましょう。